靖江日语-日本概况-二二六兵变

二二六兵变

二.二六事件(ににろくじけん)は、1936年(昭和11年)2月26日から2月29日にかけて、日本の陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行.尊皇討奸」を掲げて起こしたクーデター未遂事件である1936年(昭和11年)には皇道派の青年将校が斎藤実内大臣と高橋蔵相を射殺した二.二六事件が起こって軍部の暴走も顕著となり、政党内閣は終焉にいたった。二.二六事件は実際に体制転換/権力奪取を狙って軍事力を違法に使用したクーデターとしての色彩が強く、これに対して本事件は暗殺テロの色彩が強い。