靖江日语-日本概况-地税改革条例

地税改革条例

地租改正(ちそかいせい)とは、1873年(明治6年)に明治政府が行った租税制度改革である。また、この改革により日本にはじめて土地に対する私的所有権が確立したことから、地租改正は土地制度改革としての側面を有している。従前は物納であったものを、金納とした。税率を地価に対する一定率(3%:「旧来ノ歳入ヲ減ゼザルヲ目的」として算定)とした。耕作者ではなく、地券の発行により確認された土地所有者(地主)を納税義務者とした。