靖江日语-日本概况-应仁之乱

应仁之乱
 応仁の乱(おうにんのらん)は応仁元~文明9年(1467~77)足利将軍家および管領畠山・斯波両家の相続問題をきっかけとして、東軍細川勝元と西軍山名宗全とがそれぞれ諸大名をひきいれて京都を中心に対抗した大乱。京都は戦乱の巷となり、幕府の権威は全く地におち、社会・文化を含めて大きな時代の画期となった。応仁文明の乱。