靖江日语-日本概况-建武中兴

建武中兴

建武の新政(けんむのしんせい)は 後醍醐天皇による新政。元弘3年(1333)6月、鎌倉幕府を倒して京都に還幸し、記録所を再興し、雑訴決断所を置き、翌年、建武と改元。足利尊氏と対立し、わずか2年半で崩壊。南北朝時代を迎える。建武の中興とも表現される。