靖江日语-精选中日文对照阅读 20 目標

目標  「24時間はみんなに平等に与えられているもの。どうか、なんでも夢を持って一日一日を大切に過ごして欲しい……」。東京国際女子マラソンで見事に復活優勝した高橋尚子選手の優勝インタビューでの言葉に、不思議な説得力が感じられた。  ”每个人都平等地拥有24小时。所以,请大家都带着梦想去过好每一个日子……”东京国际女子马拉松赛中巧妙地转败为胜并取得冠军的选手,高桥尚子在采访中所说之言,令人感到不可思议的说服力。  インタビューの前段では、こう言った。「陸上をやめようかとも思ったこともありました。でも、一度夢をあきらめかけた私が結果を出すことで、今、暗闇にいる人や苦労している人に、「夢を持てば、また必ず光が見えるんだ」ということを伝えたい、私はそのメッセンジャーになるんだと、走りながら自分に言い聞かせていました」  在采访的前半段,她是这么说的。”我曾考虑过是否停止田径运动。但是一度想要放弃梦想的我又希望通过结果,将’只要有梦想,一定可以重见光明的’这种思想传递给还处于黑暗以及那些辛劳的人们。我一边奔跑着一边对自己说我就是那个信史。”  現実の世界は厳しい。夢を口にすれば、きれいごとに聞こえる。しかし、身をもって力を尽くし、闇の中に光を見た人の口から外に流れ出ると、夢という言葉に現実的な強い力が宿るように思われた。  现实世界是残酷的。如果只是把梦想挂在口中,那么听起来是件美丽的事情。但如此话是从尽了全力,从黑暗中努力奋斗实行愿望的人的口中说出,那么梦想这个词汇就会让人产生一种强有力的现实感。  大きな、アテネ五輪という目標を失った後に独立し、新しい支援チームと手探りで道をたどってきた。今回の大会の間際には、足に肉離れを起こした。レースで将来に響くような事故があれば、本人もチームも批判されていただろう。  失去了雅典奥运会这个远大目标后高桥独立了,并与新的支援队探求新的方向。在此次大会,还拉伤了腿部肌肉。如果在竞赛中再次发生诸如此类影响将来的事故,本人和所在队伍都将遭到批评吧。  長い、起伏のある過酷な道を行くマラソンは、レースそのものが人生行路を思わせる。大きな一かたまりで競技場を出た選手たちが、やがて小集団に分かれる。それもばらけて直線になり、ついには一人一人が点と点になって戻ってくる。  在这样漫长起伏,条件严峻的赛道上行进的马拉松,总不由得让人想到比赛过程其实就是我们行走的人生路。一大群从体育场出发的选手们,慢慢地分成小块。而这些小堆的选手终也散开成了直线。最后每个人又都变成小点点跑回终点。  高橋選手は「チームのきずなが私を勝たせてくれました」とも述べた。夢を持てば闇の先に光が差すという、一つの願いが通じた。  高桥选手说道「团队的纽带给了我胜利的源泉」。如果拥有梦想,胜利之光也能照耀到黑暗之处。那么一个愿望就实现了。