靖江日语-精选中日文对照阅读 26 言葉の乱れは

言葉の乱れは  あたりに人気のない建設現場を、風が渡ってゆく。敷地の囲いのすき間から建物が見える。既に見上げるほどに高く組み上げられているが、工事はもう進まない。  风掠过附近那冷冷清清的建筑工地。透过工地围墙的缝隙可以看见里边的建筑物。建筑物已高高地建起,已经需要仰视了,但工程却已无法进展。  建築士による耐震データの偽造で工事が中断した、東京近郊のマンションの一つを見た。「安全を総(すべ)てに最優先する」。建物の覆いに掲げられた建設会社の標語だが、肝心の建物の安全の方が否定されてしまった。建設中に廃虚となったその姿は、寒々しい。  笔者前往参观了一座因建筑师伪造耐震数据而使工程被迫中断的公寓。”安全至上”,这是悬挂在建筑物之上建筑公司的标语,但是,此建筑却在最为重要的安全方面遭到了否定。施工中便成为废墟的那种光景,让人感到阵阵寒意。  旧約聖書の「創世記」に、バベルの塔が出てくる。「さあ、我々は一つの町を建て、頂きが天に達する塔を造り、それによって我々の名を有名にしよう」(岩波文庫?関根正雄訳)。人間のおごりを憎んだ神は、彼らの言葉を乱して互いに通じないようにしたため、塔の建設は止まった。  在旧约圣经《创世纪》中,提到了巴贝尔塔。书中写到:来,让我们建造一座城市,修筑一座可通天顶的搭,我们就会因此而成名。(岩波文库?关根正雄译)。厌恶人类的这种张扬,神搅乱了他们的词汇使之无法互相交流,塔的修建因此而终止。  現代の塔の建設を巡る言葉の乱れは、データ偽造の発覚から始まった。建物にかかわった人たちが話すのは日本語には違いないが、互いに通じ合っていない。  围绕着现代塔建设大家的众口不一,是从数据伪造被发现开始的。和这些建筑物相关的人们所说的自然是日语,然而他们的说法却无法一致。  建築士や建設会社、販売会社、検査会社などが入り乱れてしゃべるのだが、真相がどうだったのかが見えてこない。捜査という通訳が早急に入って、言葉の乱れをただすしかないのだろう。  建筑师和建设公司、销售公司、检验公司等众说纷纭纷纷推脱,使得人们无法看清真相是怎样的。或许只有搜查这个”翻译”早早介入,才能辩明这众口不一的真相吧。  やはりデータの偽造で問題になっている都内の入居済みのマンションに行く。皮肉なことに、模範となる優良物件として、偽造の発覚前に業界団体の優秀事業賞を受けた。外壁はグレーと茶に彩られ、落ち着いたたたずまいを見せている。しかし、その内側には、いつ起こるかも知れない地震への恐れと憤りとが満ちているようだった。  笔者去了趟因数据伪造而产生问题,居民却已经入住的高级公寓。令人讽刺的是,作为模范的优质示范工程,其外墙粉刷成灰色和茶色,看起来显得素雅沉稳。但公寓内部,却充满着对不知何时发生地震的恐慌和愤怒。