靖江日语-精选中日文对照阅读 53 一张老挂历

一张老挂历   今年も、残りわずかとなった。一枚だけになった古いカレンダーを見やりながら、新しいものを用意する。まだ見ぬ白い時間というような不思議な魅力が、来年のカレンダーにはある。  今天的日子,又已经所剩无几了。笔者一边看着这最后一张老挂历,一边准备着来年的。就觉得明年的这挂历里,这尚未接触的时间里,有着不可思议的魅力。  JR東日本のカレンダーをめくってみた。1月の暦の上の写真は、広い雪原の向こうを列車が行く風景だ。かなたに雪を頂く山があって、厳しくも美しい北国の冬の写真だが、その列車の説明に「羽越本線 いなほ」とある。山形県での脱線転覆事故で、思いも寄らない巡り合わせになってしまった。  笔者翻开了JR东日本的年历。年历上一月份的图片,是在白雪覆盖的宽广草原上飞速行进的列车。远处是一座白雪皑皑的山峰,原以为这是一副俊美的北国冬天的照片,可上面却为此列车写有说明”羽越本线稻穗号”。万没想到会在山形县发生出轨翻车事故,这真是命运的捉弄。  痛ましい事故の現場では、昨日も捜索が続いた。改めて、犠牲者のご冥福を祈りたい。JRは事故が防げなかった原因を一日も早く究明し、再発防止の手を打ってほしい。  在这令人心痛的事故现场,昨天的搜索仍在持续着。(借此)笔者还想再次为这些死难者祈求冥福。希望JR能尽快查明没能很好地预防事故的原因,以防事故的再次发生。  大きな街の駅では、ふるさとに向かう帰省客や家族連れが目立ってきた。ふるさとの山や海は、遠くに暮らす人に呼びかけてくるようなところがある。暮れには、それが強まる。  各大街的车站上,返乡的游子及全家结伴成行的旅客十分引人注目。仿佛是那故乡的山和海,在召唤着居住在异乡的游子们。尤其是到了年末,这种感觉更为强烈。  「海なりは/こうも 聞こえるのだ/そうら/まめで暮らしているか/もう そろそろ帰って来いよ。ってな。/不思議だというか」(「竹内瑛二郎詩集 海潮」秋田豆ほんこ)。竹内氏は、1904年に秋田市の港近くに生まれ、地元で長く教職にあった。  ”大海的呼唤 可曾听见  在远方 你们是否努力地生活 归来吧 游子们 是否有些意外呢” (《竹内瑛二郎诗集 海潮》秋田豆ほんこ)。竹内先生,于1904年出生于秋田市海港附近,他在当地长期从事教师职业。  子どもたちをうたった詩からは、教室での様子が目の前に浮かんでくる。「きょうもまた/せんせいといってくれるか/おう おう/子どもらよ」。この一年、地上の様々なところで多くの命が散らされた。何事もないことは何でもないことではなく、尊いことなのだと、思い知らされる暮れである。  听到孩子们咏唱的这些歌谣,笔者眼前又不禁浮现起当时在教室时的光景。”今天/ 是否又能 和老师一块儿欢唱/ 哦 哦 /孩子们啊”这一年,在这地球之上的许多地方许多孩子失去了生命。在这个岁末让人觉得,平安无事并非算不了什么的事情,而是最为珍贵之事。