靖江日语-精选中日文对照阅读 55 文艺复兴

文艺复兴  この時代を考えるために、時代をさかのぼってみる。そんな思いもあって、ルネサンスにゆかりの深いイタリアの地へ、短い旅をした。  为了好好地思考一下这个时代,笔者尝试着回溯了一下文艺复兴这个时期。抱着这种想法,笔者到和文艺复兴有着很深因缘的意大利的,做了次短暂的旅行。  ローマ発の列車で半島を横切り、バスに乗り換えて着いたのが古都ウルビーノだ。早朝、小高い丘から眺めると、古い城壁の下に霧がわいていた。  乘罗马出发的列车横穿半岛,再换乘巴士就到了古都ウルビーノ。早晨,从略微有点高度的小山丘往下眺望,只见古城墙下迷雾笼罩。  16世紀の初頭、この地にはレァ∈ルド?ダビンチや、「君主論」のマキャベリも来たことがあるという。ふたりは、共同で大きな川の流れを変える計画も立てていた(R?マスターズ「ダ?ヴィンチとマキアヴェッリ」朝日選書)。ふたりの巡り合わせの妙を思いながら、フィレンツェを経由して、レァ∈ルドの生地のビンチへ行った。  据说16世纪初,达。芬奇和主张”君主论”的马基雅弗利也曾到过这片土地。二人共商计划希望改变当时的社会潮流。(R.Masters「达。芬奇和马基雅弗利」朝日选编)。笔者一边考虑着这两人机缘的美妙,一边经由佛罗伦萨,前往达芬奇的出生地ビンチ。  「生家の跡」といわれている石造りの家は、ァ£ーブの木の立ち並ぶ丘にあった。前は小さな谷で、視界は大きく開けている。夜空の広がりや闇にきらめく星々が、やがてルネサンスの巨人となるレァ∈ルド少年の心を大きく羽ばたかせたのだろうと想像した。  被称为”出生地遗址”的石筑房屋,竖立在橄榄树林立的山冈之上。前面是小小的山谷,视野十分开阔。在宽广夜空及黑暗里闪闪发光的星星,或许大都变成了成为文艺复兴的巨人达。芬奇少年时为之鼓舞的动力源泉。  ルネサンスは、清新な機運を広く引き起こした。丘を吹き渡る風の中で、その言葉の意味が「再生」だったことを改めて思った。最近、日本では、長く信頼してきたものが崩れている。安全や安心の土台も大きく揺さぶられている。世界を見ても、力の強い者の強弁がまかり通る場面が続く。人間が、苦難を重ねて築いてきた大事なものが壊されてしまうのではないか。  文艺复兴,广泛地为人们提供了清新的机缘。在这吹拂过山冈的风中,笔者又再次想到了那个词的意思就是”新生”。最近,在日本,人们长期以来一直信赖的东西正在不断的瓦解。安全及令人放心的根基也受到了强大的动摇。即使是纵观世界,那些当权者强辩的场面也不断出现。人类,历经苦难构建起来重要的东西难道就要这样被破坏了吗?  「再生」は、時を超えて、今の時代のために発せられた警句のようだ。信頼というきずなを、再び結びたい。そう思いつつ、丘を下りた。  ”新生”这个词,好似超越了时空,是专为这个时代而创造的警句。真希望能再次为其系上信赖这个纽带。笔者一边想着这些,下了小山冈。