靖江日语-精选中日文对照阅读 62 あけぼの学園

あけぼの学園  山下寿明さんは自力では起き上がれない。言葉を話すこともできない。食べものは、おなかに小さな穴をあけて直接胃に入れている。  山下寿明先生无法自己起身。也无法说话。食物,是依靠腹部上所开的小孔直接送入胃中。  東京都世田谷区にある重症心身障害児の通所施設「あけぼの学園」でも今週、成人式が開かれる。今年お祝いする2人のうち、1人が山下さんだ。この20年間に、山下さんは知的な成長を確実にしてきた。だれも教えていないのに、テレビを見たいときにはテレビに視線を向けて声を出すようになった。ビデオが終わりそうになると、声を出して家族を呼ぶ。  位于东京都世田谷区的重症身心残障儿的福利机构「黎明学园」,也于本周召开了成人仪式。在今年接受祝福的两个人中, 其中一人便是山下。在这20年中,山下的确在智慧方面稳步成长。尽管没有任何人教予他什么,但当他想看电视时,他就会将视线转向电视并努力发出声响。当录像快要结束时,他又发出声音叫来家人。  初めて会う人には、ニコッと笑顔を見せる。そのあと、家族に向かって、頭を上下に動かし、目をパチパチさせる。「よその人にちゃんと気を使ったよ」という合図だ。  对于初次见面的人,他会展现出笑容。然后面向家人,上下晃动着头脑,并眨巴着眼睛。那是示意家人”我关照过外人了”。  その一方で、からだはしだいに動きにくくなっている。おさないころは腹ばいや背ばいで移動していたのに、いまはできない。たんがつまりやすいのも心配だ。母親の絹子さんは「ここまで生きてくれたことに感謝しています。育てることは大変ですが、私の生きがいになっています」と語る。  而另一方面,他的身体逐渐变得行动困难。年幼时候,他总是爬行或者用脊背挪动,但这些他现在也做不了了。主要是担心容易引起痰的堵塞。其母绢子女士说到”对于山口能够活到现在我是心存感激的。虽然养育他并不是件容易的事情,但却已经成为我生存的意义。”  やはり、あけぼの学園に通っている岩城明子さんが成人式を迎えたのは6年前だった。赤い晴れ着を着て、ちょっとはにかむ当時の写真を母親の節子さんに見せてもらった。節子さんは「あなたはもう大人なのよ、と声をかけると、にっこり笑って応えてくれた。本当に大人に見えました」と話す。  同样就读于黎明学园的岩城明子迎来其成人仪式是在6年之前了。她的母亲给我们看了她当时身着红色盛装、略带羞怯的照片。节子女士说到”我才说到’你已经是大人了哟’她便莞然回应着,看来真的像个大人了。”  あけぼの学園の成人式では、話すことができない子どもに代わって、ともに歩んだ20年を親が語る。その言葉が毎年、積み重なっていく。  在黎明学园的成人式中,那些无法说话的孩子们则由相伴他们20年,一路走来的父母们发言。那些语言,每年都还将不断地被重复下去。