靖江日语-精选中日文对照阅读 74 漁師

漁師  10年余り会社勤めをしていて、漁師になりたいと思ったら、どうすればいいのだろう。福岡に住んでいた山本幸徳さん(38)はインターネットで「漁師」を検索してみた。社団法人?大日本水産会の主催する「研修生募集フェア」の案内が出ていた。3年前のことだ。  在公司工作了十几年,突然想成为一名渔师的话,该如何做才好?三年前,住在福冈县的山本幸德先生(38岁)在英特网上检索了”渔师”两字,然后出现了社团法人。大日本水产会所主办的”研修生招募会”的介绍。  フェアの会場で、長崎市の漁協が募っていたアジの一本釣りの研修生に応募した。半年の研修の後、面倒を見てくれた漁師の下でさらに半年修業を積んだ。退職金などで、250万円の中古の漁船を買って、独り立ちした。  会场上,山本先生应招申请了长崎市渔协招募的一秆钓鱼的研修生。他经过半年研修后,再在照顾自己的渔师的指导下积累了半年经验。之后用退职金等资金购买了一条250万日元的旧渔船,自立门户了。  漁師は全国で毎年1万人近くずつ減り、今や二十数万人に落ち込んだ。一方で、毎年1千人余りが新たに漁師になる。その多くが転職組だ。  全国每年约减少1万名渔师,现在总共只有20来万名了。另一方面,每年也有一千余名新人投入渔师这一职业中,其中很多人都是转职而来的。  全国漁業協同組合連合会はホームページで、「漁師になりませんか」と呼びかけている。「充実感が得られる仕事」がうたい文句だが、甘い仕事ではないとクギを刺すことも忘れない。「陸のサラリーマンの仕事とは全く違う。半端な気持ちやあこがれでは続かない」「収入も決して多くは望めない」  全国渔业协同合作联合会的主页上呼吁着人们:”来试试成为一名渔师吗?”。其中宣传到”这是一份极具充实感的工作”,但同时也不忘提醒人们这份工作并不容易做。”渔师和陆地上工薪人员的工作完全不同。如果带着种不彻底的心情和憧憬来做是持续不了多久的。””也决不能期望有太高的收入。”  山本さんは明け方に1人で沖に出て、夕暮れまで魚を追う。昼は船の上で弁当を広げる。土曜も日曜もない。「サラリーマン時代に比べ収入は減ったが、自然を相手に1人で仕事をしたかったので、つらくはない。がんばった分だけ返ってくる。海は裏切りません」。昨春結婚したことも、大きな支えになっているという。  山本先生每天清晨一个人出海,到黄昏为止一直在捕鱼。午饭便在船上用便当打发掉。也没有周六周日。”比起工薪时代,收入是要少点,但我想一个人和大自然一起工作,所以也没觉得有啥不好。努力了就会有回报,大海是绝不会背叛人的。”据说,去年春天山本先生的婚事也成为了他的一大支柱。  今年で5年目になる募集フェアが今月、東京と大阪で開かれた。山本さんの後輩として、約60人が研修生の候補に選ばれた。  今年,本月将于东京和大阪召开第五届招募会。约60名应募者作为山本先生的后辈,被挑选为研修生候补。