靖江日语-精选中日文对照阅读 86 原発

原発  原子炉で燃料が核分裂する。高温の蒸気がタービンを回して電気が起こされ、それが街へ流れてゆく。先週、営業運転を始めたばかりの原発に、運転差し止めの判決が出た。  燃料在原子炉内进行核分裂。高温蒸气带动涡轮旋转发电,然后再将电输送往大街小巷。上周刚开始运营的原子力发电所被责令停止运转。  金沢地裁が、石川県の北陸電力?志賀原発2号機について、巨大地震による事故で住民が被曝(ひばく)する具体的な可能性を認めた。営業中の原発を差し止める判決は初めてで、判決そのものが「激震」のように政府や電力業界を揺さぶった。  金泽地方法院认为,石川县的北陆电力和志贺原子力发电所2号机很可能因为巨大地震而产生事故,将居民们卷入辐射中。这一判决首次诘令停止运转正在营业的原子力发电所,该判决自身就像”地震”一般动摇着政府和电力业界。  判決は、国の地震調査委員会が、原発近くの断層帯で巨大地震の起きる可能性を指摘したことを挙げてこう述べた。「電力会社の想定を超える地震動が原子炉の敷地で発生する具体的な可能性があるというべきだ」  国家地震调查委员会指出在原子力发电所附近的断层带有发生大型地震的可能性,判决中举出这一事实并阐述道:”可以说,原子炉所在地发生地震的实际可能性远远超过电力公司的设想。”  原告の住所は16都府県に及んでいる。判決は、最悪の場合は、一番遠い約700キロ先の熊本県に住む原告でも許容限度をはるかに超えて被曝する恐れがあると述べた。この指摘は「地球被曝」ともいわれた旧ソ連チェルノブイリ原発の事故を連想させる。来月で事故から20年になるが、周囲では今も高いレベルの汚染が続いている。  原告住所遍及了16都府县。判决中提及到,在最坏的情况下,住在距原子力发电所最远(约700千里)的熊本县的原告都远远超过了允许限度,有被爆炸的危险。判决中揭示出的这点让人不由联想到可以称得上 “地球被炸”的前苏联切尔诺贝力核电站发生的事故。到下个月,该事故已经过去20年了,但周边地区至今仍持续受着高度污染。  原発事故が特別なのは被害が一過性ではないことだ。極めて毒性の高いプルトニウムの放射能の半減期は2万年を超す。それだけたっても、半分になるだけだ。  原子力发电所事故之所以特别,就在于它所造成的被害并非短暂性的。毒性极高的钋的放射能半衰期超过2万年。过了2万年,也只能减少一半。  原発の設置の検討は慎重にし、運転や管理にも細心の注意を払わなければならない。ところが今度は、東京電力の福島第二原発で、配管のひびを検査で見逃していたことが分かった。日本に「原子の火」がともって来年で半世紀.原発との付き合い方を、改めて考えたい。  我们必须慎重讨论原子力发电所的设立事项,并在运营和管理中细心地注意。然而这次在东京电力的福岛第二原子力发电所,检查中忽视了管道中的裂缝。到明年止,日本点上”原子之火”就达半世纪了。笔者希望有关部门能够重新考虑如何与原子力发电所共存。