靖江日语-精选中日文对照阅读 91 戒名

戒名

  には院、居士、信士など号がつくことが多い。その違いを「院は浄土へのグリーン席、居士は指定席、信士は自由席」と座席料金にたとえて講釈する寺がある。「せっかくならグリーン車で」。戒名料を奮発させようという魂胆のようだ。

  法号之后时常被惯于院,居士,信士等称号。有寺院在解释法号差异时,将其比作不同的座位档次”院是通往绿色净土的绿色座位,居士的座位是对号入座的,而信士所持的则是自由座”。”既然下定决心了还是坐绿色车厢吧”。这话听起来就像是要人掏钱的阴谋一般。

  「何ともあざとい商法。仏の教えからほど遠い」。そう嘆く文化人類学者で東工大助教授の上田紀行さん(47)によると、全国にお寺は約8万あるが、後継者不足はいよいよ深刻だという。ある宗派の調査では、同門の35%が無住になる不安を抱えていた。

  ”这真是厉害的商法。和佛教的倡导相去甚远”。据为此叹息的文化人类学者、东工大学的副教授上田纪行先生(47)介绍,全国约有8万家寺院,但后继不足的现象已十分严重。某宗派的调查显示,35%的同门为没有住持而深深不安。

  そんな中、住職を公募する寺が仏教界で話題を呼んでいる。新潟市の妙光寺で、求めているのはこんな人材だ。年齢25~30歳、大卒で就労経験があり、仏教を学ぶ意欲が高く、人の話を誠実に聞ける方。修行中は月12万円が支給される。

  而其中,公开招募住持的寺院在佛教界亦引人关注。在新泻市的妙光寺,招募的是这样的人材:年龄25~30岁,大学毕业、有工作经验,学习佛教的热情高昂,能诚心诚意地听人诉说之人。在修行中每个月将支付12万日元的酬劳。

  彼岸を前に訪ねると、妙光寺は過疎地の荒れ寺ではなかった。子や孫がいない人も永代供養を受けられる霊堂をいち早く開き、県外会員が多い。財政は安定し、檀家(だんか)の動きも活発という。それなのに公募に踏み切ったのはなぜか。

  笔者在彼岸造访此地,发现妙光寺也并非一个人烟稀少的荒芜地带。由于无子无孙之人也能受到永久供奉的灵堂很早就已经开放,因而也有很多县外的会员。据说此地财政稳定,施主活动也很频繁。既然如此,下决心公开招募又是何故?

  「お寺は世襲と決めてかかる必要はありません」と住職の小川英爾さん(53)は話す。4人の娘はそれぞれに進むべき道を選んだ。「婿をもらえ」と強いるつもりはない。自ら決めた60歳で退職する前に後継者を育てておこうと考えた。

  53岁的住持小川英尔先生说到”寺院没有必要搞世袭制”。他会让4个女儿选则自己各自的方向。也不打算强制她们”招婿”。只是考虑在自己决定60岁退职之前,先培育好继任者。

  ともすれば宗門の古い殻にこもりがちな仏教界だが、改革の芽はたしかに伸びている。若手の僧侶らの間で流行している言葉の一つは「ボーズ?ビー?アンビシャス」。坊さんよ大志を抱け、である。

  这是一个极易陷于宗派古老框框条条的佛教界,但改革之芽确实已然萌生。在年轻僧侣们之间流行着这样一句话”和尚是有雄心之人”。这说的是和尚胸怀大志。