靖江日语-精选中日文对照阅读 94 パバロッティ

パバロッティ  70歳になったら、トイレでも歌わないし、シャワーを浴びる時も歌わない–。テノール歌手パバロッティが、2005年の70歳の誕生日を限りに引退すると述べたと報じられたのは4年前だった。その人が、トリノ冬季五輪の開会式に登場して歌った。  到了70岁,我将不会在洗手间唱歌,也不会在淋浴时唱歌了–。这是4年前,男高音歌唱家帕瓦罗蒂,对媒体声称自己将于2005年,70岁生日引退歌坛时的发言。然而这位歌唱家,在都灵冬奥会上,再次引吭高歌。  本人のテーマソングともいわれた「誰も寝てはならぬ」で、イタリアの作曲家プッチーニのァ≮ラの中の曲だ。テレビで見る限り、「私は勝つ。勝利する」と歌い上げるくだりは、突き抜けるような驚異的な往年の声の張りを思わせるものがあった。  堪称帕瓦罗蒂的金牌曲目《无人入睡》,是意大利作曲家普契尼歌剧中的一段曲目。只要在电视前观看他的演出,”我将胜出、我将胜利”这高亢的曲调,总不由得让人回想起他那曾经饱富穿透力,震撼人心的声音。  今回の登場の経緯は分からないが、パバロッティは北イタリアのモデナの出身だ。生家は貧しく、12歳の時には伝染病で命を落としかけたこともあったという。歌手として大成した後も、ふるさとには強い愛着を抱いていた(M?ルイス「三大テノール」ヤマハミュージックメディア)。  不明白帕瓦罗蒂此次登台的缘由。他出生于北意大利的摩笛纳,家境贫寒。据说在其12岁时,还差点因传染病而丧命。在他作为歌唱家响誉全球之后,他对故乡依然满含深深的爱恋。 (M.路易斯「三大高音歌唱家」雅马哈音乐传媒)。  過去のァ£ンピックの開会式を顧みると、84年のロサンゼルス五輪のあたりから大がかりな機械仕掛けのテレビ向けの演出が多くなってきた。そんな流れの中で、一個の生身の人間の内側から発せられる朗々とした歌声は懐かしく、そして新鮮でもあった。  回顾以往的奥运会开幕式,我们发现大约自84年的洛杉矶奥运会起,大型机械配备的电视转播节目丰富了起来。在这种潮流中,一个发自血肉之躯的朗朗歌声,是那样令人怀念,同时又让人感觉如此新鲜。  「今こそ最悪の時だ。やるべきことはすべてやった……ついに舞台へ出る時が来た。最後の死の行進が始まる」。パバロッティは、舞台に立つ直前の心境をこう述べている。  ”现在是最遭的时机。该做之事已全部做完……终于迎来自己登台的机会。感觉通往死亡之路也拉开了序幕。”帕瓦罗蒂,是这样描述自己登台前的心境的。  トリノという舞台の上でも、選手たちは極度に緊張したり、それを解きほぐしたりしているのだろう。それぞれに「最悪の時」と戦いながら、滑り、舞い、競っている。  在都灵这个舞台上,选手们都是极度紧张,而试图缓解这种情绪吧。他们在与各自”最遭情境”相搏之时,滑翔着,飞舞着,竞争着。