靖江日语-精选中日文对照阅读 108 岩城宏之

岩城宏之  テーブルにコップを置く。ビールをつぐ。その時、泡が多少勢いをもってあがるくらいにする。泡が落ち着いたら、今度は静かにつぎ足してコップを満たす。かなり前、指揮者の岩城宏之さんが、おいしいビールのつぎ方をテレビで実演していた。試してみると、いつもより細やかな泡に包まれたビールは、味わいがぐんと増していた。  把杯子放桌上,倒入啤酒。这时,泡沫稍稍翻涌了上来。等泡沫平息后,再轻轻地加满杯。前些日子,乐队指挥岩城宏之先生曾在电视里实际表演了如何斟注美味的啤酒。笔者也试了下,啤酒中的泡沫比一般的都要来的细腻,味道更为香醇。  現代音楽を積極的に初演するといった本業の他に、軽妙な随筆でも知られた岩城さんが、惜しくも73歳で亡くなった。柔和な風貌(ふうぼう)が魅力的だったが、音楽への傾倒はすさまじく、一昨年からは、大みそかにベートーベンの九つの交響曲すべてをひとりで指揮する「フル(振る)マラソン」コンサートを開いていた。  岩城先生在本职工作上积极参演现代音乐的同时,还以轻松的随笔为人们所知。遗憾的是,他在73岁时离开了人世。其温文的风采极具魅力,对音乐的专注也甚为强烈。从前年起,他每年除夕都召开了一个人指挥贝多芬九章交响乐的”挥棒马拉松”音乐会。  05年度の朝日賞を受け、今年1月の贈呈式で述べた。「ベートーベンの音楽も当時は過激でした……あと10年間ぐらい続けますけども、これもベートーベンの前衛精神に挑戦するつもりです」。ここ15年ほど、がんとの付き合いが続いていた。  05年获得朝日奖,今年1月在颁奖仪式上,他发言说:”贝多芬的音乐在当时也是有点过激的……我还能坚持十年左右,想向贝多芬的前卫精神提出挑战。”这15年来,岩城先生一直与癌症作着斗争。  中学1年の時に終戦を体験した。空襲で東京の町を逃げ回り、焼け出される。「鬼畜」と呼んでいた米英を、戦後一転して民主主義の鑑(かがみ)ともちあげる教師を見て、大人たちへの強い反発を抱いた。「いまだに大人になることを拒否し続けているんです」(「男が語る 人生これから」)。  岩城先生在初中一年级时就经历过战后体验。他因空袭在东京市内逃窜,后因火灾被迫离开家。看到被人称为”灭绝人性”的美英两国战后摇身一变,被教师捧为民主主义的模范,他对大人们极为排斥。”到现在,我仍在否认自己已经成为了一个大人。”(《男人告诉你 人生才从现在开始》)  「自分ではいまでも大きくなったら何になろうかって思っているようなところがある」。いつまでも少年の心を持ち続けた、偉大な指揮者だった。  ”我现在有时都会想,长大了话会成为什么样的人。”这名伟大的指挥,一直保持着少年的心态。  昨夜は、その死を悼みながら、岩城さん流についだビールで献杯した。  昨夜,笔者边哀悼岩城先生之死,边以岩城方式斟了啤酒,敬了他一杯。