靖江日语-精选中日文对照阅读 117 冬は編み物

冬は編み物  昔は、彼氏が出来るとセーターをクリスマスに合わせて編んだものだという。最近は、ゆび編みという画期的な手法があるらしい。針を使わないで、ゆびだけで編むからどこでも編める。しかも、指先を使うと脳が刺激を受けて細胞が活性化するという。毛糸玉を買ったはいいが、いつまでも押入れの奥にある人は、やってみてはどうだろうか。  据说在从前,如果有男朋友的话就会在圣诞节共同编织毛衣。最近,好像有着手工编织的划时代的手法。不用用针,只用手指就行,在任何地方都可以编织。而且,使用指尖的话可以使大脑受到刺激的细胞会更加灵活。买毛线是好,但那些将毛线永远都放壁橱里的人们也拿出来试试怎么样?  編み物が男性のものであることを再認識させてくれた人がいる。ニットの貴公子こと広瀬光治(ひろせ?みつはる)氏だ。元々、漁師(フィッシャーマン)の仕事であった編み物。漁が出来ない冬の間、網を編む技術力で家紋を入れたセーターを編んだアイルランドの男達.そのフィッシャーマンセーターは、世界的に流行した。粗野でワイルドな男達が、編み物をしている姿はカワイイかも。  有人让我再次认识,编织东西是不是男性所做的事。那就是从事编织的贵公司广濑光治的事迹。原本是从事渔夫的工作,闲暇时才织。在无法捕鱼的冬天,爱尔兰的男人们就把织鱼网的技术和家织毛衣的样式。这种渔民式的风格毛衣在世界中都很流行。也许粗里粗气的大丈夫之流在编织的时候的神态是非常可爱的吧。