靖江日语-精选中日文对照阅读 132 人間らしさへの回帰

人間らしさへの回帰  ピンクのフラミンゴが、店頭を埋め尽くしていた。どんな看板やポップより派手な演出に、通りすがりの人たちが立ち止まる。とても効果的なアイディア。アイディアといえば、手書きのポップによって、売り上げがあがるという。手書きポップが、手書きの親近感から信頼を生み、口コミと同じ効果を発揮強力な儲けのパワーとなっているという。いまや、本屋、回転寿司などの定番となっている。人間らしさへの回帰現象かも。  粉红的火烈鸟把整个铺面都塞满了,比任何招牌和现场销售广告都要华丽的演出,让过往的行人们都不由自主的停下自己的脚步,真是一个非常有效果的主意。说到这个主意,根据手写现场销售广告而提高销售额,手写的现场销售广告给人一种亲近感受到和信任感,产生一个和口头交流一样发挥了强而有力的效果。现在经常去书店和旋转寿司店等地方,这也许是一种人性的回归现象。  酉年の今年にかけてフラミンゴ。干支というシステムも、無味乾燥な数字の世界から弾力的な夢見心地の世界に誘う思想だ。12年に一度、必ず自分の年が回ってくる。この考え方は、結構、建設的であり、リセットできたり、リベンジしたり出来るきっかけを作ってくれる。12年という周期やサイクルが、長すぎず、短すぎず、妙にいい。何でもアメリカ的に性急に結果を求めるが、決してそんなものじゃない。特に、モノ作りは、完成するまで何年もかかる。人間らしさを考える時間も必要だ。  关于今年是鸡年的火烈鸟。天干地支这个系统,从枯燥无味的数字世界引发出一个非常有弹性的,感觉像在做梦一样的世界。12年一次,必定会轮回到自己的本命年,这种想法的结构具有建设性,造就复位的到来。12年一个周期,不太长又不太短,真是恰到好处。不管什么都像美国人一样性急的寻求结果,不过,绝对不是那样的。特别是从创作到完成花费了好几年时间,人类化的思维方式也需要时间。