靖江日语-精选中日文对照阅读 168 鲜浓的地方色彩

ローカル色豊かなこと(鲜浓的地方色彩)  もう春だから、ノースリーブも当たり前。とプチパーティ場での出来事。みんな元気で明るいのはどうしてなんでしょうか。コサージュも静かなブームの今春、渋谷だけでは紫色やパープルが流行している。とってもローカルに、トレンドになっている。それが、愉快でたまらない。どうせなら、日本中、様々に流行色があればいい。情報伝播が遅い時代には、九州だけの、関西だけの、関東だけの色があった。ローカル色豊かなことがファッションにとっても重要だ。渋谷、銀座、原宿、青山それぞれのローカル顔がある。  已经到了春天了,穿无袖装也是理所当然。在一个小型聚会上,全体都这么精神抖擞是怎么回事呢?女性服饰胸产的花饰今年这个静静的春潮中,紫色单单在涩谷流行着。地方特色形成了一种倾向和趋势,那真是让人抑制不住那份快乐。不管怎么样,在日本国内有各种各样的流行色彩的话会比较好。在信息流通慢的时代中,流行色彩分为”九州特色的”、”关西色彩的”、”关东风情的”,地方地方流行色彩丰富对于时尚来说是很重要的。涩谷、银座、原宿、青山等各种各样的地方特色竞相绽放,共同点缀着这个美丽的春天。