靖江日语-精选中日文对照阅读 180 社会の窓が開いてらあ!

社会の窓が開いてらあ!  ある夏の電車の中でのお昼どきの出来事です。私は車両の中央に幸運にも座ることができました。お昼どきということもあって、車内にはつり革の数ほどの人が立っているという状況でした。  外の景色に向けた目をふと左に向けるとどうでしょう。左隣に座っていた人の前のつり革につかまっている人の社会の窓が、見事にパンツの白いものを見せながらあいているではありませんか。  その白いものを見せている人が、着ている背広も上等な四十歳前後の一見紳士風の人でしたので、なんともその人に似つかわしくない光景でした。  左隣に座っていた眼鏡をかけたきまじめそうな四十歳前後の人も、とっくに白いパンツのことに気づいていたらしく、下を見たり、前を見たりもぞもぞしていました。私は隣にいてその人が何をするだろうと何気なく横目で見ていると、自分のズボンのファスナーを、持っていた週刊誌で隠しながら下ろしているのです。  そして、自分の股間を見詰めながら、矢庭に「あっ、いけねえ!社会の窓が開いてらあ!」と軽妙に言ったので、車内にクスクスと笑い声がもれ始めました。続けて前に立っている人に向かって、「失礼ですが、あなたも社会の窓があいてますよ。」と言ったのです。その紳士は、恥ずかしそうにファスナーを上げて言いました。「言いにくいことをありがとうございました。あなたのおかげで恥をかかないですみます。」と素直に御礼を言いました。  きまじめ氏のしたことは演技じみていますが、人に直接注意して恥をかかせて傷つける前に、まず自分が恥をかくという彼の行動にはほとほと感心させられます。  都会生活では、他人のことはお構いなしという風潮がありますが、こんなお節介の気持ちが満ちあふれていたら、どんなにか世の中住みやすいことでしょうか。    (译文)  这是某夏天的中午发生在电车里的事。因为是午饭时间,所以车内站着的乘客同吊环的个数差不多。我很幸运的坐到了车厢中央部位的坐椅上。  我把朝外望着风景的目光转向左边,哟!坐在左边的乘客前面的那个站着的人”社会之窗”正敞开着呢,白色的裤衩完全暴露在外面。  那个让大家欣赏白色裤衩的人,四十岁左右,西装笔挺,乍一看很有绅士风度。这场面和那个人实在是很不相称。  坐在左边座位上的人带着眼镜,也四十岁上下,看上去一本正经。他似乎也早就注意到了眼前的白裤衩,正在左顾右盼的坐立不安。我在旁边若无其事地斜眼看着,想知道旁边的人到底要干什么。只见那个人用手中的杂志做掩护,正在拉开自己裤子的拉链。  然后,他盯着自己的裤裆,突然很幽默的说:”啊,不妙,’社会之窗’开着呢。”他的话使车里响起哧哧的笑声。接着他向站着的人说:”对不起,您的 ‘社会之窗’也开着啊”。那个绅士难为情的拉上拉链说道:”感谢您提醒我这不便启齿的事,多亏您我才没出大丑。”绅士坦率的道了谢。  一本正经的人虽然象是演戏一般,但直接提醒人家会使对方下不来台,伤害自尊心。所以他首先让自己出丑,这种行为实在令人敬佩。  在如今都市生活中,事不关己,高高挂起的风气盛行。如果人人都有这种爱管闲事的精神,社会将会变的多么美好啊。