靖江日语-精选中日文对照阅读 187 「多子多福」を願う伝統

「多子多福」を願う伝統  中国では普通、子供の多い家庭が繁栄し幸福だとされている。だから人々は、社会的地位や身分の上下に関係なく、子供を多く生む女性に対しては、一種、感謝の気持ちを抱いている。  中国悠久の歴史の中で、儒教は重要な働きをした。儒教が理想国家としているのは周代の文王の世である。彼は100人の子供に愛されただけでなく、数万人の人々から長として仰がれた。昔から人々に知られている「百子戯蓮」はここから伝わったものである。  中国では他にも「多子多福」(子供が多ければ幸せである)の伝統的な吉祥画がたくさんある。これら家の居間に掛けられている吉祥画でよく見かけるのは、蝶の群がたくさん実をつけた瓜畑の上を飛び交っているものだ。その瓜の果実はまさに子供の象徴で、家庭に幸せを満ち溢れさせるものなのである。  日本の伝統である家紋にも、多く吉祥を願う意味が含まれている。女性にとって欠かすことのできない櫛にもこのような家紋が描かれてある。この櫛は往往にして母親から娘に伝えられるもので、「和櫛」と呼ばれる。日本の漆器に多いのもワラビ、つくし、蝶蝶など、多子多産に関係のあるデザインだ。お祝いの宴席で出される食器にもしばしば母子草の模様が登場する。刀のつかに刻まれる「花紋」のデザインはたくさんの男の子に恵まれますようにという願いを現している。このような伝統は、結婚の宴席での和服にも現われている。着物の絵柄には10数羽から2、30羽におよぶ鴛鴦が描かれているものが多いのだが、鴛鴦はつまり、仲睦まじい夫婦の象徴なのである。たくさん子供を産む女性が賞賛を受けるのは古来の習いだが、これは当時、死産.早産が多かったためであろう。  明治時代の女性記者.磯村春子は、かつて「報知新聞」でめざましい活躍をした。彼女は産休などのない過酷な労働条件のもとで出産し、8人もの子供を育てたのだ。彼女は多くの子供を育て、円満な家庭を築くと同時に、自分のライフスタイルを貫いたスーパーウーマンの先駆者と言っていいだろう。  1世紀近くを経た今、若い人たちの中から新しいアイドル――歌手.安室奈美恵――が現われた。彼女がレコーディングしたCDの売上げ枚数は毎回記録を更新した。97年秋彼女は記者会見で、自分が妊娠していて近く結婚すると発表した。そして、出産準備のため、1年間歌手としての活動をしないとも言った。その記者会見のあいだじゅう、彼女は満面、幸せそうな笑顔で溢れていた。それはまさに、母親になる喜びの表情だった。その後98年5月、安室奈美恵は無事に男の子を出産し、また話題になった。  女性は命を創造し、生命を育むことができる。これが男性と根本的に違うところだ。10ヶ月間妊娠し、出産、子育てを体験する女性は、その経験を通して一つまた一つ成長してゆくのだといえる。そしてそれと共に人間性もゆっくりと成熟してゆくのだ。母親になる一つ一つの課程は、女性が成長してゆくための、いはば節目の連続なのである。  大阪市の中心、JR大阪駅近くの、ある病院では97年5月から週に1度のホットラインを開設し、不妊に悩む女性達の相談を受け始めた。そこでは3ヶ月間で527件の相談があったという。その1年前にも、東京のある出版社で1ヶ月に1回の不妊相談のホットラインを開設している。専門医師らはこのようなホットライン上で、実にたくさんの女性から不妊に関する悩みを打ち明けられた。これは、女性が自然と母親になりたいと願うことの現われであろう。  明治時代、「青踏」が「元始女性は太陽であった」という宣言をした時から、徹底的な女性解放運動が始まった。原始社会は即ち母系社会であり、女性は当然尊敬されていた。後には、代々生命を生み育てる母体は、人々から豊作を願う象徴とされた。母体がなければ生命の継続もないのだ。  しかし、すべての女性がこの点を認識しているわけではない。日本女性の中には安室奈美恵と正反対の人も多い。若者の中では今、母親になりたがらない風潮が広がっている。多くの若者が「子供はいらない」「子育てはめんどうくさい」と明言している。その一方で彼女たちは大量の宝石類を買い、流行のファッションを追うことに命を懸けているのだ。自分の趣味に満足し、生命の意義を考えようとはしない。このような日本女性が増えてきているのは実に残念なことである。    期望”多子多福”的传统   在中国,人们通常相信多育的家庭是繁荣和幸福的。所以,人们不论社会地位的上下,贵贱,都对能够多生孩子的人抱着一种感谢的心情。  在中国漫长的历史中,儒教起了重要的作用。把儒教作为理想国家的是周代的周文王。他不仅赢得了一百个孩子的喜爱,更赢得了数万人的拥戴。古今人们所熟悉的”百子戏莲”,就是从这里流传下来的。  中国还有不少多子多福的传统吉祥画。这些挂在家庭居室中的吉祥画,画面上常常是蝴蝶飞舞。环绕着饱结果实的瓜田。那些瓜果,就象征着孩子,让家庭中洋溢着幸福。  日本许多传统家纹也含有祈愿吉祥的意味。女性们离不开的梳子上面就有这样的家纹。这种梳子往往是由母亲传给女儿的,称之为”和梳”。日本的漆器表面也大多是绘着蕨菜、马草及蝴蝶等等与多产多育相关的图案。祝贺宴席上拿出来的食器上面,也时常有着”母子草”的图案。在刀柄上刻上”护把”的图案,可以显示出希望要很多男孩子的愿望。那些出现在结婚宴会上的和服,图案经常是十几只乃至几十只鸳鸯,而鸳鸯则是能够生育的和睦夫妻的象征。  多产的女性受到赞誉,这是古来的习惯,这可能是因为那时死产、早产太多的原因吧。  日本明治时代的女记者矶村春子曾经活跃在《报知新闻》。她在没有妊娠假、产假等苛刻的劳动条件下,居然生育、抚养了8个孩子。她养育了众多的孩子,维持了家庭的美满,同时实践了自己的生活方式,真可谓非凡女性的先驱。  经过将近一个世纪以后,年经人中出现了他们的新偶像--著名歌手安室奈美惠,她录制的CD唱片,其贩卖数被一次又一次历史性地刷新。1997年秋,她在会见记者时,宣布了自己已经怀孕并要结婚的消息。同时她还宣布,为了准备生育孩子,她将停止一年的歌手活动。在整个记者招待会过程中,她的脸上洋溢着幸福的微笑,这是期待着成为母亲的表情。1998年5月,她顺利地生产出一个男婴后,她再一次成为人们的话题。  女性可以创造生命,培育生命,这是和男性根本的不同。怀胎十个月,体验了生产,育儿的女性,可以说经历了一次又一次地成长,其人性也漫漫地成熟了。成为母亲的过程,才是一个女性成长起来的后续节目。  在大阪市中心的JR大阪车站附近有一家医院,从1997年5月起开通每周一次的热线电话,给因不孕而烦恼的妇女排忧解难。3个月间,他们接到了527个电话。在此前的一年,东京有一家出版社也开设了一月一次的不孕热线电话。由专门医生开设的这种咨询机关,使许多不孕妇女得以倾诉烦恼。这也体现出女性自然地渴望成为母亲地心愿。  日本明治时代,青踏派发出”自古以来女性就是太阳”的宣言,开始了彻底的妇女解放运动。  原始社会就是母系社会,女性当然受到尊敬。以后世世代代的孕育生命的母体被人们作为祈祷丰收的象征。没有母体便没有生命的延续。  但是,并不是所有的母性都能够认识到这一点。不少日本女性与安室奈美惠截然相反。年轻人中正在流传着做母亲的恐怖症。很多年轻人明确地表示”我不想要孩子”、”抚养孩子很麻烦”。与此同时,她们却在大量地购买金银饰品,拼命地追赶时装潮流,满足自己的兴趣,却不考虑生命的意义。这样的日本女性越来越多,实在是太可惜了呀。