靖江日语-精选中日文对照阅读 192 桜の季節

桜の季節  毎年3月になると、春風が吹き始め、人々の間では必ず「今年は桜がいつ満開になるかなぁ」という話題が出てきます。3月下旬に入ると、毎日テレビなどの「桜前線」の報道を聞き、人々は首を長くして、真冬の後に一番早く咲いてくれる花の満開を待ちます。  桜は日本の国花であることはよく知られています。多くの人が私と同じように日本に来てから、自分の目で満開の桜を見てはじめて、桜とは花が咲いた後芽が出る植物であることを知り、日本人がこんなにも桜に熱狂するのだということを知ります。  桜満開のとき、日本列島はピンク色に染められています。桜の柄や色など衣食住の至るところで見られます。特に花見の名所などは、他よりもっと早く桜色に染められています。  幼いころ、親に連れられて花見に行くとき、桃や梨の花など花林の中を散歩しながら、花見をしていました。しかし、日本ではみんな桜の下に座って、弁当を食べたり、お酒を飲んだり、話をしたりして、ときには歌ったり、踊ったりもしています。特に不思議なのは普段まじめな中高年の男たちが桜の下で子供のように有頂天になって踊ったり歌ったりすることです。帰国の時、「なぜ日本人は桜の下でしかリラックスできないのですか。」と何回か友達に聞かれたことがあります。私もこのような質問をまわりの日本人の友達に聞きました。みんなからはほぼ同じような回答をもらいました。「やさしい桜は一輪が目立たないのですが、一面になると本当に感動を与えてくれます。桜は日本という国だけでなく、日本人の心も表しています。桜の下に座ってはじめて安心感を覚え、本当の自分が見つかり、一年間溜まったストレスが解消できます。」  日本で何回か花見をしたあと、友達の言っている日本人の桜に対する恋しさの解釈が少しずつわかってきました。自分もそれに共鳴を覚え、桜に対して恋しい感情が芽生え始めました。    樱花时节   每逢三月,当春风刚刚吹动时,人们便开始了每年此时必谈的话题:”今年的樱花哪天会全开呀?!”进入三月底,在媒体每天的「樱花前线」的报道中,人们更是好象坐立不安似的等待盼望着严冬后春天第一花的到来。  许多人都知道樱花是日本的国花。我知道有许多人和我一样,来到日本亲眼看到樱花盛开的情景,才知道樱花是属于那种先开花后长叶的树种,才了解到日本人对于樱花如此执着地怀恋。  在樱花时节里,整个日本仿佛是都被染上了粉红色一般,无论是衣、食、住,到处都可以看到樱花的图案、樱花的颜色等。尤其是在赏樱的”宝地”之处,更是比其它地区更早地染上了樱花的颜色。  记得小的时候,在春天被父母带去赏花时,在开满了桃花、梨花的花林中,边散步边赏花。而日本则是大家坐在樱花树下,边吃「弁当」,边喝着酒,高谈阔论,有时还会又唱又跳。尤其是平日那般严肃认真的中、高年日本男人们在樱花树下,仿佛是顽童般地手舞足蹈、引亢高歌……。回国时,多次被朋友问起:”为什么只有在樱花树下,日本人才会放松自己、打开自我?”我也曾将此等问请教于我周围的日本朋友们,大家几乎是同样地回答我:”温柔的樱花,一朵看上去并不起眼,但一群看上去会令人激动。樱花代表日本,更代表着日本人的心,只有坐在樱花的树下人们才能感受到心安、找回自我,才会将压抑了一年的情绪释放出来。”  经过在日本的几次赏樱后,我慢慢地理解了朋友们所讲的日本人怀恋樱花的解释。而且自己也被感染,渐渐地蒙发了对樱花的怀恋之情。