靖江日语-精选中日文对照阅读 222 失楽園-愛は面倒だなあ

20世紀の最後数年間における日本のベストセーラ-という、渡辺淳一氏の小説「失楽園」を上げなければならないだろう。1995年9月から日本経済新聞の朝刊に連載が始まると。たちまち日本列島を風潮した。一時は人々の茶飲み話しの種にもなり、諸大企業のリーダー達まで毎朝出る例会の前の中心話題にものぼったこの小説は?単行本にまとめられて出版されるや、短期間で数百万部も売れ?すばやく中国語を含めた数外国語に翻訳された。まさに「洛陽の紙価を高めた」のである。そして?テレビドラマや映画にも作り直されて?1997年の映画の配給収入だけでも23億円に及び?その年のトップを占めた?各メディアの報道と評論も殺到して?「城じゅう争って蔡中郎を語る」盛況を呈し?人をいささかまどわす、いわゆる「失楽園現象」までも生じたのである。

  作品のストーリーはそれほど複雑ではなく?語られたこともありふれた恋愛物語である。ヒーロ-は久木祥一郎といって?仕事に失意した中年の男である。ふとしたことで?ある学習センターで書道教師を勤めている松原凛子と知り合う?凛子も虚為な家庭生活に不満を感じているので?二人はお互いに愛情を傾けて愛し合った、そのために、多くの「不倫」男女と同じように?二人は家庭?社会?そして久木の勤めた社会から圧力をかけられ?非難された。また自分たちの愛は長続きできるものか?時のたつにつれて水のような淡いものになってしまうのかと一抹の不安が心をよぎる?それで誠に愛し合っている今のうちに命を絶つことにする?日本の著名な景勝地である軽井沢の別荘で?二人は自分達なりの方法で?相手への「愛の承諾」を実践した?と。

  話の結末はあわれなものであった?勿論?「心中」–愛し合った男女が身を以て愛に殉じることは?日本史上でもありきたりで、けっして珍しくはなく、むしろ日本文化の重要な一側面をなしているとでもいえるぐらいである。にもかかわらず、「失楽園」の主人公たちはその言い表せない魅力で?読者や見る人の心に強く訴えて?なんともいえない熱い涙を流させることができた?或いは歴史があまりに古くて遠いからか?或いは現実があまりに表面的でかまびすいからか?愛という神になり?惑っているのは実情のようだが?上述の感動はやはり?人々を再度この失われつつある楽園にひきもどすことがある程度できたと思う。

  また、「失楽園」は豊富かつ深刻な社会的内容を有して?既存の社会や家庭の倫理?とりわけ愛の倫理にするどく問いかけたとも言える?久木祥一郎は本来?妻と娘と静かで暖かい日々を送っていたが、それには危機が潜んでいたが?妻文枝の元の夫の死に対して一定の責任を感じたので?婚姻という特別な方法を以て夫?父を失った母子に補償しようとしたのだから。つまり、その結びの基礎は道義であって愛ではなかったから?それに?文枝も良妻賢母だが?祥一郎とは骨身に刻むような愛情があったかどうかは、、疑わしい。そんなわけで?若くてきれいで?優雅な凛子が久木の前に現れてくると、ニ?三十年も続いた?見た目にはいかにもしっかりした久木家の家庭の柱はたちまち傾いてしまったのだ。凛子に対する久木の愛は?初めは外的要素に基づいたところが大きかったかもしれない。しかし、二人がいっしょにいるときにほとばしった激情は?それまでの人生経験になかったものであった。このことうを意識し感じると、二人の仲はもうなんの力でもひきわけられないものとなった。実際には?久木は数十年来ずっと心の奥深いところで、魂と肉体とがとけこんですっかり一体化した本当の愛を期待していたかもしれない。そして、不真実で利己的?少し異常な家庭生活をひどくきらいいやがり逃してきた凛子も?愛と人生の落ち着くところを他に求めて?身動き取れない人生の泥でさまよってきていたのかもしれない。だから、やさしくてよく理解してくれた「男らしい男」の久木と知り合うと?生涯の本当の愛がみつかったと、凛子はおもったにちがいなかろう。

  こんな気持ちに基づいた二人の愛は?理念的には?現代社会に認められたものである。現代社会では?婚姻は愛をもととすべく?愛のない婚姻は不道徳な結びだと考えられているから。しかし?現実は?歴史?社会?個人と、いろんな複雑な要素がいりこんだものなので、理性にあった婚姻と愛とを真空の状態できれいに切り取ることがむずかしい?愛と婚姻のネットにおいては?どれ一つをとっても他の多くに影響をあたえるもので?ましては盲点もあれば誤まった個所?落し穴もあるのである。久木と凛子の愛にしても?客観的にはやはり善良で、久木と二十年あまりも仲良く暮らしてきた文枝にひどい害を与えたことになった。これに対して?彼ら自身もすまぬと思ったので?二人の自殺はこの良心的自責と無関係でもなかろう。

  観念は社会の発展につれて更新し?進歩するものである。これは愛と婚姻においても同じである。自分の夫と凛子とがまじめに愛し合い、とりわけ死んでも久木への愛を変えないという、凛子のしっかりした態度に気づいて?文枝は恋愛?結婚の自由を久木に返すことにした。重い圧迫がいくらか緩んだ。勿論?凛子の夫が相変わらず「離婚せぬぞ」といって二人を困らせ?久木も社会によって職場を変えられた。しかし、二人はもう同棲の形でいっしょになれ、転機をまつことができたわけである。もし、作品がこれで終わったなら?極普通の恋愛物語となるのであろう。

  世の人の多くは?決められた時間と空間におかれて?一定の軌道に沿って人生の道を歩むものである。だが、社会生活のどの領域にも、いつも大衆から抜きんでて独り歩み?或いは世俗から超然として自分の世界に没頭し?或いは常軌を逸した行動をとる怪しい人がいる。彼らは社会の主流にはなれないが?中には先覚者もいる。その行動は往往にして?人生?社会はけっして一般にかんがえられているような一種類だけでなく?他の形を呈するのも可能であることを示してくれるのである。久木は道徳的懲罰としての職場転換を受け入れなかった。それは社会の俗的考え方が彼の人格に与えた侮辱だと思ったからだ。彼は新しい仕事の斡旋をしてくれた友人の好意も断って?自ら社会の仕事をやめた。これによって?疲れきった心身ともに一種の解放感を得た。苦難を経験した彼は、このように?自由の身で愛する人と毎日いっしょにいようと思った。しかし、彼らは部分的に自由を獲得したにもかかわらず、社会からの目に見えぬ圧迫は依然として影のようにまといつき、鉛のかたまりのように重くそのものに生じてくるかもしれない変化に対しても?彼かは心の中でいくらか疑い恐れている。そしで?互いに誠に愛し合っているうちに命を以て愛に殉じ、死によって本当の愛を自分と相手、そして世の人々に証明してみせ、これを以て運命と社会に抗争しようとした。彼らは家族に遺書を残して?遺骨をまじえて野山に撒き、もって大自然で愛の永生を実現してくれるようと頼んだ。

  日本国は桜の国で知られ?日本人は桜の花を特に愛している。桜の花は命が短く?咲いたかと思うとあわただしく散ってしまうために?いっそう美しく?可愛いらしく?哀れにみえる。こんな桜の花から得られた「美の悟り」と、「失楽園」における男?女主人公の最期から得られた「愛の悟り」との間には?きっと何かの共通する心情ーー「通感」があるに違いなかろう。恐らくこれこそ「失楽園」が日本でそれほどまでに大きな反響をひきおこすことができた要因とその魅力であろう。そして?渡辺淳一氏もこの作品によって日本文学史に大きくその名を残すだろうと思う。

  <<失乐园>>–爱真麻烦

  若问20世纪最后几年日本的热销书,就不能不提到渡边淳一的小说<<失乐园>>.该小说1995年9月在日本经济新闻朝刊上连载,随即风靡整个日本列岛,一时 成为人们茶余饭后乃至诸多大企业高层决策层每天早上例会前的中心话题,小说出版后,短时间内就销售了数百万册,并迅速被翻译成包括中文在内的数种文字,可谓”洛阳一时为之纸贵”。<<失乐园>>还被改编成电视剧和电影,其中仅电影1997年的票房收入即达23亿日元之多而高居当年电影发行的榜首。各种媒体的报道和评价一时铺天盖地,颇具”满城争说蔡中郎”的盛况,乃至形成一种人们略感困惑的”失乐园现象”。

  作品的故事情结并不复杂,演绎的也是人间所常见的爱情故事。事业上有些失意的中年男人久木祥一郎因偶然的机会结识了不满虚伪家庭生活、在某学校中心当书法教师的松原凛子后,两人一见钟情,堕入爱河。与一般的”不伦”男女一样,他们的行为招致了来自家庭、社会、包括久木祥一郎所在的公司的重重压力和非难,同时,他们也担心两人之间的爱情能否持久,会否随着时间的流逝而变得淡若白水,因此决定在他们真挚相爱戴高潮中一起结束生命。于是,在日本著名的风景胜地轻井津的别墅里,他们以自己的方式实践了相互间对”爱的承诺”。

  故事的结局是十分凄婉的。虽然”心中”–相恋的男女以身殉情在日本的历史上司空见惯,乃至可以说构成了日本文化特征的一个重要侧面,但<<失乐园>>的主人公仍以其难以言喻的魅力,使读者和观众的心灵受到强烈震憾,乃至掬一把莫名的热泪。或许因为历史太古老,或许因为现实太喧嚣,人们对爱情这两个神圣的字眼,已有几分麻木,或感到几分困惑。但上述的感动,多少都会使人们重新眷顾失去的乐园吧。

  应该承认<<失乐园>>是一部有着丰富和深刻社会内涵的作品,它对既存的社会伦理、家庭伦理特别是爱情伦理是极富挑战性的。本来,久木祥一郎与妻女一直过着温馨而平静的生活,但这种生活的背后实际上潜藏着一种危机。这是因为当初他们的结合是出于一种道义,即久木自觉对其妻文枝前夫的死负有一定责任,才以婚姻这种特殊方式对孤女寡妇以补偿。文枝是一个干练的贤妻良母,但她与祥一郎之间有否刻骨铭心的爱情值得怀疑。所以,当年轻、漂亮、优雅的凛子出现在久木的视野之中时,经过二三十年的岁月、看似已十分坚固的家庭的支柱立刻发生了倾斜。如果说起初久木对凛子的一见倾心,属于外在的东西居多。但当他们在一起时所迸发的激情,为他们的人生经历所无有;当意识、感受到这一点时,就没有什么力量可以使之再分开了。实际上,在久木心灵的深处也可以说几十年来一直有这样一种无意识的期待–对灵与肉完全融为一体的真正的爱情的期待。而一直深深厌恶和逃避虚伪、自私甚至有些变态的家庭生活的凛子,实际上一直踌躇在另寻爱情和人生归宿的泥泞小路上。与心地善良、善解人意、”是真正的男子汉”的久木的相遇,凛子认为找到了一生的真爱。

  基于这样的基础的两人的爱情,在理念上是被现代社会所承认的。因为社会已认可婚姻应该以爱情为基础,而没有爱情的婚姻是不道德的。但在现实中,基于各种历史的、社会的、个人的复杂因素,很难把合乎理性的婚姻在真空状态下精致的切割出来。在爱情、婚姻的网络上,牵一而动百,更有盲点、误区甚至陷阱。即如久木与凛子的相爱,客观上总是构成了对善良且与久木已有和睦相处20余年夫妻关系的文枝的深深伤害,这是他们自己也深感愧疚的。他们的自杀也不能说与这种良心自责毫无关系。

  观念总会随着社会的发展而更新、进兵。这一点在爱情和婚姻方面亦是如此。当发现自己的丈夫与凛子真心相爱、特别是凛子对久木的爱至死不变的决绝态度时,文枝决定把恋爱、结婚的自由还给久木。在重压得以减轻的情况下,尽管凛子的丈夫仍然以绝不离婚相刁难,尽管久木的工作因此而遭公司调整,但他们仍然可以以事实同居的方式生活下去以待转机。如果是这样,那也许就流为很一般的爱情故事了吧。

  世界上大多数的人们,总在一定时空的条件下,循着一定的轨道走完自己的人生,但在社会生活的各个领域,总也有特例独行、遗世孤立乃至行为有异于常规的怪人。他们不是社会的主流,但他们中不乏先觉,他们的行为往往昭示人生、社会并非只有通常所认定的一种情形,生活也许会有另外一种样子。久木没有接受带有道德惩罚意味的工作调动,实际上他认为社会世俗对其人格的一种侮辱。同时他也谢绝了友人为其介绍新工作的好意。他主动辞去了公司的工作,疲惫的身心遂获得一种解放感。在经历磨难之后,他,想以这样的自由之身与所爱的人每天生活在一起。虽然他们部分获得了自由,但无形的社会压力仍如影随行般挥之不去,铅块般压在心头。同时,对他们爱情自身未来的可能变化,也心存几分疑惧。于是,遂决定就在彼此真挚相爱戴此时以生命来殉他们的爱情,以死将真爱证明给自己和社会;以死将他们的爱情证明给世人,并以此作为对命运和社会的抗争;他们遗书家人,将他们的骨灰一起洒向山野–以使他们的爱情在大自然中获得永恒。

  素以樱花之国著称、对樱花情有独钟点日本人,从因生命短暂而愈显娇艳明丽的樱花所获得的”美的感悟”,与由<<失乐园>>男女主人公的结局中所得到的”爱的感悟”一定有一种”通感”吧。这也许就是<<失乐园>>在日本引起巨大反响的魅力和原因所在吧!并且渡边淳一也必将因此作品而于日本的文学史上留下他的大名吧。