靖江日语-精选中日文对照阅读 248 どこかからだの具合でも

医者に一度もかかったことがないという人は恐らくないでしょう

  私の知人にごく親しい二人の先生が開業して評判がいいようです

  ひとりは、 小児科の先生ーー.

  この先生の話でおかしかったのは幼児を診せたに連れてきたある父親のセリフ。

  この父親は地元の人で子供のころからこの先生にお世話になって育ったのだそうです

  やあ先生昔からお世話になりましたが私も子供もを持つ年になりましたよ

  先生は君はよく風を引いたしすぐに熱を出してはお母さんにつれてこられたもんだよね

  いやどうも先生親子でお世話になりますところで先生はまだ小児科ですか。」

  先生の専門が年とともに変わるわけがありません

  こちら老人に評判の内科の先生ーー

  見るからにやさしい目をした小ぶとり先生で言葉使いも物腰も柔らか話し相手になってくれるので年寄りたちよどこも悪くなくてもこの病院へやってくるのです待合室はまるで老人たちのたまり場のようです

  少しでも顔を見せないと仲間に言われるそうです

  最近00べえどんはとんと姿をみせねけど、どこかからのぐあいでもわるいのかなあーー」

  是不是身体那儿不舒服了

  从没有看过医生的人恐怕是没有。

  在我认识的人中,有两位作医生的密友,他们自己开业,人望颇高。

  一位是儿科医生。

  据这位医生说,以为带自己孩子来看病的父亲的话很滑稽。

  这位父亲是当地人,从儿时起就在这位医生的呵护下长大。

  ”大夫!过去受到您的关怀,现在我也到了当爸爸的年龄了。”

  医生说:”小时候爱感冒,而且一感冒就发烧,你妈妈常带你来看病。”

  ”大夫,真实太感谢了,我们父子两代都受到您的关怀。可是,您仍然是小儿科吗?”

  医生的专业当然不会岁年龄的增长而改变。

  在一位是深得老年人称赞的内科医生。

  这是一位慈眉善目、身体微胖的医生。他说话态度温文尔雅,愿意与人交流,所以一些人即使没病也到这所医院来。候诊室成了老人们闲谈的地方。

  如果有人偶尔一两次每到,话友们就会说:”最近,某某兵卫怎么压根儿不来了,是不是身体那里不舒服了?”