靖江日语-精选中日文对照阅读 249 わたしは日本の女性を解放

「松下電器は人を作っている会社です。あわせて電気製品も作っています。」と、独特の経営理念を掲げる創立者の松下幸之助さんは、足軽から天下人となってた豊臣秀吉によくたとえられます。

  松下さんは九歳で火鉢屋に奉公し、ある時子守りをしながらベーゴマに熱中し、おんぶしていた親方の子供地面に頭をぶっつけて大声で泣きます。とっさに近くの菓子屋に飛び込み、饅頭を一つ勝って子供に持たせ、やっと泣き止んだそうですが、戸のおまんじゅうは一つ一銭で、松下の給金の三日分だった8***と、自叙伝述べておられます。

  この後自転車屋から電灯会社の見習い工になり、やがてソケットの改良に熱中して二十三歳で独立、多くの苦難を乗り越えて今日の松下電器に育て上げました。

  松下さんは、小学校中退、関西商工学校夜間部中退と言う学歴ですが、著書も多く、ベストセラーに数えられるものもありますし、アメリカの雑誌「タイム」や??ニューズウィーク では、日本を代表する企業人として特集記事で紹介しています。

  昭和三十六年、ソ連のミコヤン第一副首相雅来日されたとき、日本の企業家と話しがしたいということで松下さんに会見を申し込みました。会談となってミコヤン氏が、??わたしは共産革命をやって人民を解放した。??といったのに対し松下さんは、電気洗濯や炊飯器で、女性の家事労働を楽にしたという意味で??わたしは日本の女性を解放しました。

  我解放了日本的女性

  松下电器的创始人松下幸之助有着独特的经营理念,他曾说过”我们的公司是培养人的公司,同时制造电器产品。”他常被比作丰臣秀吉,即从无名之辈成为夺取天下者。

  松下在自传中说,他九岁起在火盆厂当伙计,有一阵子边看孩子边入迷地研究陀螺制造,以致把背在身后师傅的小孩的脑袋磕在地上,小孩总算不哭了。那时,一块点心一文钱,相当于他三天的工钱。

  以后松下又做了自行车厂和电灯公司的实习生,二十二岁时埋头于插座改造,终于自立了门户。他历尽艰辛,才创立了今天的松下电器公司。

  松下的学历虽为小学肄业,关西商工学校肄业,但却著作丰富,不少还进如了畅销书的行列。美国的<时代>和<新闻周刊>等杂志把他当成日本的企业家代表出专辑做介绍。

  1961年,苏联部长会议第一副主席米高扬访日时,提出想见日本的企业家,松下被安排与他见了面。米高扬副主席说:”我搞共产党主义革命而解放了人民。”松下心想法因为有了电饭锅和洗衣机而是主妇的家务负担减轻了,所以,便回答到:”我解放了日本的女性。”