靖江日语-精选中日文对照阅读 271 这不是你家

東京の郊外に住む木村さんは、お酒を飲んでの失敗の多い人です?

  傘や靴を取り替えてくることなどは序の口で、それも必ず古いのと間違えるので、奥さんもあきれています?若い時などは、家と間違えて、近所の建築中の空き家で一晩夜を明かした事もありました?

  そこで電車に乗った時は、誰かまわずとなりの人に起こしてもらうことにしています?しかし一度も起こされたことはありません?それは木村さんは起こされても、起きなかったからでしょう?ある時東京駅からJRに乗り、自分の駅に近づくにつれて居眠りが始まったので、隣の人に、“どちらまでですか?鶴見ですか?鶴見へ着いたら起こしてあげますから、横浜へ着いたら起こしてください?”とわけのわからないことを入ったので、起こしてもらえなかったのです?この時は終点の桜木町で降りず、そのまま逆行シテ、べてつの終点の大宮まで連れていかれてしまったのです?

  しかしどんなによっていても、帰巣本能お陰で、朝起きてみると、ちゃんとわが家の布団の上で寝ています?どこをどうやって帰ってきたのか、酔っぱらってから朝起きるの記憶が全くないのです?これは記憶を喪失したのではなく、記憶が断絶したのです?

  どんなに世って帰っても、宮仕えするものにとってはつらい朝がすぐ来ます?そして早く起きろという妻の声は悪魔の響きを持っています?ある時、身体を何度も何度も激しく動かすので、“うるさい?寝たいだけ寝かせてくれ?今寝たばかりなんだ?”“ここはあんたの家じゃないんだよ?”

  見上げると、そこに警官が立っていました?木村さんは駅前広場のベンチに寝ていたのです?

中译文

  家住在东京郊区的木村曾因饮酒多次出事.

  拿错伞,穿错鞋等不过是小菜一碟,而且这种时候木村错拿,错穿的总比自己的旧,夫人简直拿他没办法.木村年轻时,曾因喝酒走错家门,在附近正建的空房子里睡了整整一夜.

  正因为是这样,木村乘电车时,不管旁边是谁,他都请人家到站叫他.但是,木村一次也没有被叫起来.这是因为不论人家怎么叫,他都不起来.一次,木村从东京站上了JR,随着接近自己下车的车站,竟睡起觉来.于是,他对旁边的人说,您到哪下车?啊,是鹤见哪.到鹤见我叫您,到横滨时,您叫我.

  旁边的人根本不明白木村说了什么,所以无法叫他.这时,他没有在终点樱木街下车,而就那么坐着折回,被带到了另一端的终点大宫.

  可是,木村不管醉得多么厉害,凭着归巢的本能,早晨起床时,总发现自己躺在自家的被窝里.至于经过什么地方,是怎么回来的,从喝醉到第二天早晨起床这段时间,他什么也记不得.他这种不属于丧失记忆,该是记忆中断.

  不管喝得多么醉回家,对上班族最难受的早晨转眼就到.于是,房间里便响起妻子”快起床””快起床”那魔鬼般的声音.一次,他的身体被一次一次强烈地摇动,忍不住说到,

  “真讨厌!让我睡个够,这不是刚睡嘛!”

  “这不是你家!”

  木村睁眼一看,见站着警察.原来他睡到了站前广场的长椅上.