靖江日语-精选中日文对照阅读 281 表札

お盆休み(ぼんやすみ)に帰ってきた者(もの)同士(どうし)は,お喋り(おしゃべり)をしております。

  一人の男が,「おれのところの主人(しゅじん)ほど,物覚え(ものおぼえ)の悪い主人はいないぞ。」というと,ほかの男,「はて,そりゃあなぜだい。」

  「うん,いつもいる奉公人(ほうこうにん)の名前を,二度も三度も聞いても,まだ,覚えられねえそうで,紙に書きつけているのだ。」

  すると,そばからほかの男が,「お前のところの主人は,まだよいほうだぞ。おれんとこのだんなは,そんなどころのさわぎじゃねえな。自分の名前を忘れるそうで,板へ書いて,表(おもて)の門(もん)のところに,釘(くぎ)でぶっつけておくんだから……。」

  铭牌

  盂兰盆节休假回家的人们正在闲聊。

  一个男人说:“没有比我们那位主人记性更坏的主人啦!”

  另一个男人问:“哎,那是为什么呢?”

  “告诉你啊,长期在他家干活的伙计的名字,他问了两三遍好象还记不住,于是就写在纸上。”

  听了这话,旁边又有一个男人说道:“你们主人还算好的呢?我们家的老爷,那就更厉害啦。好象是连自己的名字也记不住,于是就写在一块木板上,用钉子钉在大门口……。”