靖江日语-制作草鞋的穷神


むかしむかし、藤兵衛(ふじへいえい)という、お百姓(ひゃくしょう)がすんでいました。 
 この藤兵衛どん、働いても働いてもくらしはらくにならずに、ふえるのは子どもばかりです。 
 そのうち、とうとう働く気もなくなってしまいました。 
 ある年の冬、藤兵衛どんの家では、子どもたちに食べさせるものが、なにもありません。 
「おっかあ、はらへったよう」 
「おらもだ、かゆはねえだか」 
「はらへって、ねむれねえだ」 
 子どもたちに口々にねだられても、藤兵衛どんにはどうすることもできません。 
「みんな、よく聞いてくれ」 
 藤兵衛どんは、子どもたちをあつめて、悲しそうな顔でこんなことをいいました。 
「いままで苦労して、いっしょうけんめい働いてきたが、くらしはいっこうにらくにならん。この冬がこせるかどうかもわからん。そこで、おっかあとも相談したんじゃが、この土地をすててどこかよそにいってくらすことに決めたんじゃ」 
「それじゃ、おっとう、夜逃げか?」 
「ま、そういうことじゃな、すまねえな。いま出ていくと人目につくで、明日の朝早うに出でいこうと思っとる」 
 その夜、藤兵衛一家は、なべやかまをふろしきにつつむと、まくらもとにおいてねました。 
 ところが、夜中に便所にいこうとした藤兵衛は、なやでなにかゴソゴソとやっている、見知らぬ男に気がつきました。 
「おまえはだれじゃ?」 
「おや、まだ起きとったかね? わしゃ、貧乏神(びんぼうがみ)じゃ」 
「び、貧乏神じゃと?」 
「そうじゃあ、長いことこの家にいさせてもろうた」 
「そ、それで、こんなところでなにをなさっている?」 
「この家の者が、明日の朝早くに、ここからにげだすっちゅうんで、わしもいっしょに出かけようと思ってのう。ほんで、こうしてわらじをあんどったんじゃあ」 
と、貧乏神は、あみかけのわらじを見せました。 
「それじゃ、この家から出ていくというのか?」 
「そうじゃあ。またつぎのところでも、仲良うしてくだっせえ」 
「なんじゃあ、それじゃあ、わしらについてくるちゅうだか?」 
「そういうことじゃ」 
 藤兵衛は、あわてて家にかけもどると、かみさんを起こしました。 
「た、たいへんじゃあ。起きろ!」 
 夜中にたたき起こされたおかみさん。ねむい目をこすりながら。 
「どうしたね、なにをねぼけておる」 
「び、貧乏神じゃ。う、うちのなやに貧乏神がおる」 
「貧乏神が? それでうちは、いつになってもくらしむきがようならんかったんか」 
「うん、うん。そうじゃな」 
「でも、いいでねえか。おらたちはこの家を出ていくんだから。貧乏神さまだけのこってもらえば、おらたちはこれかららくになるでねえか」 
「それがちがうんじゃ! わしらについてくるっちゅうだ!」 
「えっー! ほんなら、おらたち夜にげしても、なんもならんでねえか」 
「そういうことじゃなあ」 
 二人はガッカリです。 
 家を出ていく元気もなくなってしまいました。 
 そして、夜が明けました。 
 貧乏神はこしにわらじをつけ、出発の用意をして藤兵衛どんたちを待っていましたが、いつになっても出てきません。 
「おそいなあ。もう、日ものぼるというのに、どうしたんかいなあ。たしかに、けさ、にげだすちゅうことじゃったが。もしや、あすじゃったかのう? まあ、ええわい。わらじはよけいあるほうがええわ」 
 貧乏神は、またなやに入って、せっせとわらじをあみだしました。 
 一日がすぎて、一日、また一日と、日がたちましたが、藤兵衛どんは、いっこうに家を出ていくようすがありません。 
 貧乏神は、毎日わらじをあみつづけていましたが、そのうちに、わらじ作りがおもしろくなってきて、いつのまにやら、のきさきには、わらじがドッサリとたまってしまいました。 
 こうなると、人目につきます。 
 そのうち、わらじをわけてくれと、村の人がくるようになりました。 
 貧乏神は気前よく、 
「さあ、どれでもすきなのを持っていきなされ」 
「すまんのう。ありがとよ」 
「ありがたいこっちゃあ」 
 村の人はつぎつぎにやってきて、大よろこびでわらじを持って帰ります。 
 それを見ていた藤兵衛どんは、いいことを思いつきました。 
「おお、そうじゃ。あのわらじを売ればいいんじゃ」 
 さっそく藤兵衛どんは、貧乏神のあんだわらじを持って、村へ町へと売り歩きます。 
「さあ、安いよ、安いよ。じょうぶなわらじだよ」 
 わらじは、どこへいってもとぶように売れ、たちまちなくなってしまいました。 
 だけど、くらしむきはすこしもよくなりません。 
「やっぱり貧乏神がいては、貧乏からぬけだせんなあ。こうなったら、貧乏神さまに出ていってもらうだ」 
 そこで藤兵衛どんは、わらじを売ったのこりの金で、ありったけの酒やごちそうを用意して、貧乏神をもてなしました。 
「貧乏神さま、きょうはゆっくりやすんでくだされ。さあ、えんりょのう食べて、飲んでくだされ」 
「これはこれは、たいへんなごちそうじゃなあ」 
「貧乏神さまには、いつも苦労してもろうておるで」 
 おかみさんも、貧乏神におしゃくをしながらいいました。 
「そうじゃ、わらじをあんでくださるで、このごろはたいそうくらしもらくになったでなあ」 
「さあ、きょうはいっしょにいわってくだされ」 
「そうかそうか。それじゃ、よろこんでいただくとしようか」 
 貧乏神はすすめられるままに、食べたり飲んだり。 
「いや~、すっかりごちそうになってしもうて。だけど、こげんくらしむきがよくなっては、わしゃもう、この家にはおれん」 
 貧乏神は、そういうと家から出ていきました。 
 二人は顔を見合わせて、大よろこびです。 
「出ていった。出ていったぞ! わしらも、これでやっとらくになれるぞ」 
「よかった、よかった」 
 こうして、藤兵衛どんとおかみさんは、安心してグッスリねむりました。 
 ところが、いつものように夜中に便所にいった藤兵衛どんはビックリ。 
 出ていったはずの貧乏神が、いるのです。 
「ま、まだ、いたのか!」 
 貧乏神は藤兵衛どんを見てニッコリ。 
「ここが一番、すみやすいのでな」 
 しつこい貧乏神に、藤兵衛どんはすっかり力をなくして、その場にへたりこんでしまいました。 
 それからも貧乏神は、藤兵衛どんの家でわらじ作りにせいを出しいるということです。