靖江日语-彦一和阎王


むかしむかし、彦一(ひこいち)と言う、とてもかしこい子どもがいました。 
 彦一も年をとっておじいさんになり、とうとう死んでしまいました。 
 死んだ彦一が、ふと気がつくと、目の前にはなんと、地獄(じごく)のえんまさまがすわっています。 
(しもうた。ここは、地獄じゃ) 
 だけど彦一は、少しもあわてません。 
 めいどヘ旅立つとき、彦一は黒ざとうと、白ざとうと、トウガラシを入れた、三段の重箱(じゅうばこ)をもたせてもらいました。 
 そのふたをあけ、黒ざとうから、さもうまそうになめはじめました。 
「こら彦一、しんみょうに、おれさまのさばきをうけい。・・・やや、そこで、なにをなめているか」 
 えんまさまが、大目玉でにらみつけると、彦一はニッコリ笑って、 
「うまいものです。ちょっとだけさしあげましょう」 
と、言うと、黒と白のさとうをだしました。 
「なるほど、たしかにうまい。・・・うん? その下のだんには、なにが入っておる」 
「それでは、これもなめてください」 
 彦一がさしだしたのは、ほかでもない、真っ赤なトウガラシです。 
 えんまさまは、チョイとなめて、すぐにベッと、はきだしました。 
 だけど彦一は、なにくわぬ顔で、 
「えんまさま、こりゃ、ひと口なめれば、からいもの。いちどに食べれば、うまいものです。いっペんにのみこまないといけません」 
「そうか、では、はやくよこせ」 
と、えんまさまは、重箱いっぱいのトウガラシを、一口でのみこんだものですから、たまりません。 
 たちまち、はらの中がにえくりかえり、口や目から火をふきました。 
「あちち、あちち、もうたまらん!」 
 えんまさまはドタドタところげまわったあげく、赤い衣をぬぎすてて、水をかぶりにかけだしました。 
 手下のオニどもも、これはたいへんと、右ヘ左へ走りまわっています。 
「では、わたしはこのすきに」 
 彦一は、えんまさまの赤い衣に着替えると、外へとびだしました。 
 そして、なにも知らない子オニたちに、こういいました。 
「わたしはえんま大王であるぞ。ちと、天国まで用事があるので、すぐにカゴを用意しろ」 
「はっ、ただいま!」 
 子オニたちは、急いでカゴを用意すると、彦一を天国まではこびました。 
 こうして彦一は、ぶじに天国で暮らすことができました。