靖江日语-兔子和太郎


むかしむかし、ある山おくに、おじいさんと孫の太郎がすんでいました。 
 二人の家のすぐそばのささ山には、人をだましてはよろこぶ、わるいウサギがすみついています。 
 そのころは、ウサギのしっぽは長くて大きなものでした。 
 ウサギは、この大きなしっぽをじまんにしています。 
 ある日のこと、山へ出かけるおじいさんが、太郎にいいました。 
「山さいって、ひとはたらきしてくるかのう。太郎、夕方にはかえってくるで、おかゆでもにて待っててくれろ」 
「うん」 
 太郎はおじいさんを見送ると、おかゆを作るために、なべをあらいはじめました。 
 その音に、ウサギが気づき、 
「おや? なべを洗っているのか、ということはめしを作るんだな。じゃあ、めしができるまでねて待つか」 
 そういうと、ウサギはゴロッと横になり、グーグーひるねをはじめました。 
 さて、夕方。 
 おかゆもできあがり、いいにおいがしてくると、ウサギの鼻がピクピクピクッと動き、パッとはねおきて太郎の家へ走っていきました。 
 そして太郎にいいました。 
「太郎、なにしてるだ?」 
「おかゆをにてるだよ」 
「うまいんか、そのおかゆってのは」 
「そりゃあ、うめえさ」 
「なら、ちょびっと食わせてくれや」 
「だめだめ、じいさまにおこられる」 
「ちょびっとだ、ほんのちょびっとだけだ。おら、おかゆってのを食ってみてえ。ねえねえ、ねえったら」 
 ウサギがあんまりしつこいので、太郎はしかたなく、 
「じゃあ、ほんのちょびっとだぞ」 
と、なべをウサギにわたしました。 
 ウサギは、うれしそうにおかゆを食いはじめ、 
「あち、あち、あちいがうまい、いやあ、うまい! じつにうまい! ああ、うまかった。さようなら」 
 ウサギはなべをかえすと、あっというまに山へ帰ってしまいました。 
 太郎がなべの中を見ると、なんと、からっぽです。 
 こうしてウサギは、人のいい太郎をだまして、おかゆをみんな食べてしまいました。 
 おじいさんが帰ってくると、太郎はなべをかかえたまま、ションボリしています。 
「太郎、おめえ、なにしてるだ?」 
「あっ、じいさま。ウサギにおかゆを食われちまっただ」 
 これには、おじいさんもガッカリです。 
 よく朝、おじいさんは、山へ出かけるまえに太郎にいいました。 
「太郎、きょうは、ウサギにおかゆを食われるでねえぞ」 
「うん、だいじょうぶだ」 
 太郎は、きょうこそおかゆをたらふく食おうと、はりきって作りはじめました。 
 そしてタ方。 
「ウサギがきたって、もうぜったいにやんねえぞ!」 
 ところがまた、ウサギがきました。 
「あっ、おめえのおかげで、きのうはひどいめにあったぞ。とっとと帰れ!」 
 するとウサギは、まじめな顔をしていいました。 
「そんなこといってる場合じゃないぞ。おまえのじいさまがな、山でたおれておったど」 
「えっ! ほんとうか? そりゃあたいへんだ!」 
 太郎はビックリして、なにもかもほうりだすと、山ヘ走っていきました。 
 その後ろすがたを見送りながら、ウサギはニンマリ。 
「ウッヒヒヒヒ、うまくいったぞ」 
 いっぽう、ひっしで山をのぼっていった太郎は、ちょうど山からおりてくるおじいさんと出くわしました。 
「これ太郎! どこいくんじゃ?」 
 元気なおじいさんを見た太郎は、ようやくだまされたことに気づきました。 
「しまった!」 
 おじいさんと太郎が大いそぎで家へもどると、からっぽのなべがころがっています。 
 またウサギに、ごはんを食べられてしまった二人は、お腹のすいたまま、ふとんにもぐりこみました。 
 そしてつぎの日、太郎が、「きょうこそは!」と、おかゆをにていると。 
「太郎さん」 
「またきたなっ! もうかんべんならねえ、ウサギじるにしてやる!」 
 人のいい太郎も、さすがにすごいけんまくです。 
 するとウサギは、 
「ま、待って。きょうはあやまりにきただ。すまん、すまん」 
と、しんみょうな顔をして、ペコペコと頭を下げます。 
 そんなウサギを見て、こころのやさしい太郎は、 
「よし、ゆるしてやるから、とっとと山へ帰れ」 
「いや、それではおらの気がすまねえ。じいさまにこれをやってくれ。これは不老長寿(ふろうちょうじゅ)の薬じゃ」 
 そういうと、ウサギは太郎に竹づつを手わたしました。 
「ふろうちょうじゅって?」 
 首をかしげる太郎に、ウサギはいいました。 
「おめえ、じいさまに長生きしてほしいだろ。これは、長生きの薬なんじゃ」 
「ほんとうか?」 
「でも、この薬は、すぐになべでにないときかんよ」 
「なべ? おまえ、うまいこといって、またおかゆを食うつもりじゃろう」 
「なにいってんだ。じいさまに長生きしてほしくねえのか?」 
「そりゃあ、長生きしてほしいが」 
「それ見ろ、さあ、おらがなべをからっぽにしてやるで、早くその薬をにろや」 
 そういうが早いか、ウサギはまたまた、おかゆをたいらげてしまいました。 
 おじいさんが山から帰ってくると、太郎はうれしそうにそのことを話し、さっそく、なべでにた薬をちゃわんについで、おじいさんにさしだしました。 
「さあ、じいさま。これ飲んで長生きしてくれろ」 
「うん? なんだか、ヘんな色合いじゃのう。それに、においも少々」 
と、首をかしげながら、一口飲んだとたん、おじいさんははき出しました。 
「うえ~っ! なんじゃ、こりゃあ! ウサギのしょんべんでねえか!」 
 ついに、おじいさんのかんにんぶくろの緒(お)が切れました。 
「太郎! まきを切るナタもってこい! ウサギのやつ、ひどいめにあわせてくれる!」 
 ウサギは、すごい顔でやってきたおじいさんを見てビックリ。 
 あわててにげだしました。 
「待てっ! えいっ! とうっ!」 
 ナタをふりまわしながら、おじいさんはウサギをおいますが、ウサギのすばしっこいこと。 
 あっちへピョンピョン、こっちへピョンピョンにげまわり、ふりむいては、おじいさんをからかいます。 
「やーい、じいさま、年じゃのう。くやしかったらつかまえてみろ」 
「いわせておけば、いいたいことをいいおって! これでもくらえっ!」 
 おじいさんは、ウサギめがけてナタをなげつけました。 
 ウサギはピョンとはねて、ナタをよけましたが、長いしっぽだけはよけそこない、スパッ! と切れてしまいました。 
「・・・ああっ! いてっ! いてっー!」 
 しっぽをきられたウサギは、あまりのいたさに山じゅうを何日も何日も、なきながら走りまわりました。 
  そのため目は赤くなり、いつのまにか、前あしと後ろあしの長さがちがうようになってしまいました。 
 それからだそうです、ウサギのしっぽが短くなったのは。