靖江日语-老头和雷阵雨


むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。 
 今日は土用のうしの日なので、町でうなぎを一匹買ってきました。 
 ところがそのうなぎを料理しようとしたら、つるりと手がすべってうなぎが逃げ出しました。 
「ま、待ってくれえ」 
 おじいさんが追いかけると、うなぎはぐんぐん空へのぼっていきます。 
 おじいさんも負けじと、空へのぼっていきました。 
 すると雲の上の広い野原の中に、一軒の大きな家があったのです。 
 おじいさんがこわごわ家の中をのぞいてみると、奥から鬼が出てきました。 
「そこにいるのはだれじゃ! 何しに、ここへやってきた!」 
 おじいさんはうなぎを追いかけて、ここまできたことを話しました。 
「よし、わかった。ちょうどいいところへきてくれた。二、三日ここにいて、わしの仕事を手伝ってくれ」 
「でも、鬼さんの仕事の手伝いとは? 言っておくが、人を食うのは嫌だぞ」 
「あはははは。心配するな。わしは鬼ではなくて、かみなりだ。これから娘をつれて、雨をふらせに行く。毎日、夕立ちをふらさなくちゃいけないので、忙しくて困っていたんだ。さあ、さっそく出かけよう」 
 かみなりは七つのたいこをかつぐと、娘さんに火打ち石を、おじいさんには水の入ったかめをわたして雲に乗りました。 
 しばらく行くと、おじいさんの住んでいる村が見えてきました。 
「いいか、娘が火打ち石を打ち、わしがたいこを叩いたら、そのかめの水をちょっぴりまいてくれ」 
 さっそく、娘さんが火打ち石を打ちました。 
 すると稲妻が、ピカッと光りました。 
 つぎにかみなりが、たいこを叩きました。 
 するとゴロゴロゴロゴロと、ものすごい音がひびきわたりました。 
「よし、わしの番だな」 
 おじいさんは、かめの水を手ですくって、ぱっと投げました。 
 それはわずかな水でしたが、水は途中でどんどんふえて、たちまち滝のようになって下へ落ちていきます。 
「こりゃあ、おもしろい」 
 おじいさんは調子にのって、どんどん水をまきました。 
 ひょいと下を見ると、近所のおかみさんたちが大あわてで洗濯物を取り入れています。 
 道を歩いていた人も、ころぶようにして家の軒下にもぐります。 
「さて、ばあさんはどうしているかな」 
 自分の家に目をやると、なんとおばあさんが、むしろに干してある豆を運んでいるところです。 
「し、しまった。早くしないと豆がだめになってしまう」 
 おじいさんは、思わず大声でどなりました。 
「何をぐずぐずしている。ほれ、早く早く、あっ、転びおった」 
 むしろから、豆が飛び散りました。 
「落ち着いて、早くしろ!」 
 おじいさんが手をふると、かめから水がこぼれて、どっと雨が落ちていきました。 
「だめだ、だめだ。せっかくの豆が!」 
 おじいさんが大声でわめいていたら、だれかに頭をたたかれました。 
「あれ? ここはどこだ?」 
 なんと、目の前におばあさんがこわい顔で立っているのです。 
「おじいさん、何をねぼけているんです。それよりこれを見てください」 
 昼寝をしていたおじいさんが、あわてて飛び起きると、まわりはおしっこだらけです。 
「し、しまった」 
 おねしょをしてしまったおじいさんは、恥ずかしそうに頭をかきました。