靖江日语-撞大运和碰小运


むかしむかし、ある山おくのほらあなに、ぐひんさんがすんでいました。 
 ぐひんさんとは、テングのことです。 
 このぐひんさんのうらないは、とてもよくあたるとひょうばんでした。 
 そこで、おなじころに子どもが生まれることになった木兵衛(もくへいえい)と太郎兵衛(たろうへいえい)は、はるばるぐひんさんをたずねて、子どもの運をみてもらうことにしました。 
 ぐひんさんは、大声でじゅもんをとなえると、やがて木兵衛にいいました。 
「神さまのおおせられるには。木兵衛、おまえのとこには、竹三本のぶにの子が生まれる」 
「竹三本のぶに?」 
「そうじゃあ、人には生まれながらにそなわった運命がある。それすなわち、ぶにじゃ」 
「というと、おらの子は、たったの竹三本しかそなわらんのか?」 
 木兵衛はガックリです。 
 ぐひんさんは、こんどは太郎兵衛にいいました。 
「太郎兵衛、おまえのところには、長者(ちょうじゃ)のぶにの子が生まれる。長者になるさだめじゃあ」 
「・・・長者ねえ」 
 ぐひんさんのうらないを聞いて、二人は山道を帰っていきました。 
 それからしばらくして、二人の家に子どもが生まれました。 
「たまのような男の子じゃ」 
「うちは女の子じゃ」 
 どちらも元気な子で、二人は手をとりあってよろこびました。 
 木兵衛の子は吾作(ごさく)、太郎兵衛の子はおかよと名づけられ、二人の子どもはスクスクと育ちました。 
 ある日のこと、木兵衛と太郎兵衛が畑仕事をしているところへ、吾作とおかよがきて、 
「おとう、昼めしじゃあ」 
「みんなでいっしょに食べようよ」 
「おうおう、そうすべえ」 
 あぜ道で、四人そろってにぎりめしを食べました。 
「うまいのう、ありがたいこっちゃ」 
と、いう太郎兵衛に、おかよはニッコリ。 
 ムシャムシャ・・・、ガチン! 
木兵衛がかぶりついたにぎりめしに、小さな石が入っていました。 
「なんや、石なぞ入れおって。ペっ」 
 木兵衛は、めしつぶごと石をはきだしました。 
「ぺっ、ペっ、ペっ」 
 吾作がおなじようにまねをして、めしつぶをはきだしました。 
「ああ、もったいないことをして、石だけえらんではきだしたらよかろうに。なあ、おかよ」 
と、太郎兵衛とおかよは、石についているめしつぶをひろいました。 
 それを見ていた木兵衛は、わらいながら、 
「石だけえらぶなんて、しんきくさいわい。おらあ、しんきくさいことは大きらいじゃ。太郎兵衛どんは、よくよくの貧乏性じゃのう。アハハハハハッ」 
 吾作もいっしょになって大わらい。 
「おら、どうももったいないことがでけんのや。アハハハハハッ」 
 やがて大きくなった吾作は町へ行き、おかよはとなり村へはたらきに出ました。 
 そして何年かたって、町へ出た竹三本の吾作は、なんと竹屋にほうこうして、竹かごをあむことや、輪がえの仕事をおぼえて、村にもどってきました。 
 木兵衛は、うれしそうにいいました。 
「よしよし、それだけの仕事を身につけたらりっぱなもんや。そのうちにゃ、竹三本どころか、竹百本、うんにゃ、竹千本の金持ちにだってなれるわい。吾作、がんばれよ」 
 こうして吾作は、村をまわって、輪がえをするようになったのです。 
 でも、毎日毎日、輪がえをしても、お金は思うようにたまりません。 
「ああ、輪がえというのは、しんきくさい仕事じゃあ」 
 ある日のこと、となり村まで足をのばした吾作は、長者やしきの前でよびとめられました。 
「輪がえ屋さん、おけの輪がえをおねがいします」 
 お手伝いの娘が、こわれかけたおけを持って、やしきから出てきました。 
(長者さまなら、輪がえなんぞしないで、新しいおけをこうたらええのに) 
 輪がえをしながら、吾作はそう思いました。 
 そこへ、長者さまの嫁さまが通りかかり、輪がえをしている吾作を見て、なつかしそうにいいました。 
「あれえ、吾作さんやないか。あたし。ほら、小さいころよくいっしょに遊んだ、となりの」 
 吾作は、嫁さまの顔を見てビックリ。 
「ありゃあ! おかよちゃんでねえか。こ、ここの嫁さまになられたのでござりまするか?」 
「ええ。あとでにぎりめしをこさえたげるよって、待っとってな」 
 そういって、やしきに入っていくおかよを、吾作はぼうぜんと見ていました。 
 長者の嫁として、なに不自由なく、くらしているおかよは、吾作にも自分のしあわせをわけてあげたいと思い、にぎりめしの中に一まいずつ、小判をしのばせました。 
 その小判は、おかよが何年もかかってようやくためたものでした。 
 長者やしきの仕事がすんだのは、お昼をだいぶすぎたころでした。 
 はらぺこの吾作は川岸へいって、おかよからもらったにぎりめしを食べることにしました。 
「こりゃ、うまそうじゃ。さすが、長者さまの家のめしはちがうわい」 
と、にぎりめしを手にとり、パクリ。 
 力チン! 
 歯にかたいものがあたりました。 
「ペッ! なんや、えらい大きな石が入ったもんじゃ」 
 吾作は、にぎりめしを川の中にはきだすと、二つめのにぎりめしにかじりつきました。 
 カチン! 
「これもや。ペッ!」 
 三つめも。 
 力チン! 
「これもや。ペッ!」 
 四つめも、五つめも。 
「なんじゃ、このにぎりめしは? どれもこれもみんな石が入っとるやないか」 
 さいごの一つも、やはり、力チンときました。 
 これも川にはきすてようとして、吾作はふとそのにぎりめしを見ました。 
「待てよ、長者の家のめしにゃ、どんな石が入っとるんじゃ? ・・・ややっ、これは!」 
 にぎりめしの中から出てきたのは、なんと小判でした。 
「し、しもうた。まえに入っていたのも、小判やったんじゃ」 
 おかよの心をこめたおくりものは、深い川のそこにしずんでしまいました。 
 その話を聞いた木兵衛は、吾作におこりました。 
「なんで、はじめに力チンときたときに、たしかめなかったんや! そうすりゃ、七まいもの小判がもらえたじゃろが!」 
「けど、石だけえらびだすようなしんきくさいことはきらいやろ? やっぱりおらには、運がないんや」 
 木兵衛は、そのことばを聞いて、ハッとしました。 
「そうか、おかよは長者の嫁になったし、やっぱりぐひんさんのいうたとおり、竹三本に生まれた者は、それだけにしかなれんということなんや」 
 木兵衛がガックリしていると、どこからともなくぐひんさんがあらわれて、いいました。 
「それはちがうぞ、木兵衛。おかよが長者の嫁になれたのは、こまごまとよう気がついて、物をたいせつにするよいおなごだったからじゃ。いくらええぶにを持っとっても、それをいかせん者もおる。小さなぶにしかのうても、大きな運をつかむ者もおる。 ぶにとは、努力しだいでまねきよせることができるものなのじゃ。心がけひとつじゃぞ、木兵衛」 
 それからというもの、木兵衛も吾作も、ものをたいせつにするようになり、おかげで、だんだんお金もたまるようになりました。