靖江日语-日语童话故事:怪人阿凡提系列1

むかしむかし、トルコの国に、ナスレッディン・ホジャと言う、とても変わった人がいました。

很久很久以前,在土耳其,有个叫阿凡提的怪人。

このホジャおじさんが、ある日、市場でズボンを買いました。

这个阿凡提大叔有一天去市场买裤子。

ところがお金を払いかけて、ふと考え直しました。「わしのズボンは、それほど古くはないぞ、まだだいぶ持ちそうだから、ズボンの代わりに上着を買う事にしよう」

可是在付钱的时候,却突然想到:“我的裤子还不是那么旧,还可以穿,所以还是不买裤子买衣服吧。”

そこでホジャおじさんはズボンを返すと、代わりに上着をもらいました。

于是阿凡提大叔就把裤子还了回去,取而代之得买了上衣。

そして、スタスタと店を出て行ったのです。

然后,大步流星得出了店。

それに気づいた洋服屋は、慌てて言いました。「だんな!まだ代金を頂いておりませんが」

注意到了的店主急忙说道:“老爷!您还没有付钱呢。”

「代金だって?ほら、上着の代わりに、そのズボンを返しただろうが」

“什么钱?看,我不是把裤子还给你,然后换了上衣嘛。”

「そりゃ、そうだが。このズボンの代金を、まだ頂いておりませんので」

“的确如此。可是这裤子的钱您也没有付啊。”

「何!買ってもいないズボンの代金まで、払わせようというのか!」

“什么!买都没买的裤子,居然还要我付钱!”

「いや、だからですね」洋服屋さんは、説明にとても困ったそうです。

“不,这是”店主说不明白了。