靖江日语-日语童话故事:施了咒语的青蛙王子

むかしむかし、あるところに、それは可愛いお姫さまがいました。

お姫さまは、お城の近くの泉(いずみ)のほとりで、マリ投げをするのが大好きです。

ところがある時、投げた金色のマリが泉の中に転がって、そのまま沈んでしまいました。

「ああ、どうしよう・・・」沈んでいく金色のマリを見て、お姫さまはシクシクと泣き出しました。

すると、「泣いたりして、どうしたのですか?可愛いお姫さま」と、泉の中から醜いカエルが呼びかけてきたのです。

「キャア!」お姫さまはちょっとビックリしましたが、カエルに言いました。「大切な金のマリが、泉の中に落ちてしまったの」

「そうですか。では、わたしが拾って来てあげましょう。でもその代わり、わたしをお友だちにして、一緒にごはんを食べたり、一緒にベッドで寝かせたりしてくれますか?」

「ええ、いいわよ」お姫さまは、カエルと約束しました。

でも、カエルと友だちになるのは嫌なので、お姫さまはカエルがマリを拾って来てくれたとたん、「カエルとの約束なんて、知らないわ」と、マリを持ってお城に走って帰りました。

次の日、お姫さまがみんなと食事をしていると、誰かが戸を叩いて呼びました。「お姫さま。お姫さま、戸を開けて下さい」

「あら、誰かしら?」お姫さまが戸を開けると、そこにはあのカエルがいたのです。

「キャーー!」びっくりして戸を閉めるお姫さまに、王さまが尋ねました。「姫や、何をそんなに怖がっているのだね?」

「それは・・・」お姫さまは仕方なく、外にマリを拾ってくれたカエルがいて、そのカエルとお友だちになる事を約束してしまったのだと話しました。

すると王さまは、言いました。「姫や。いくら相手がカエルであっても、約束した事は守らなくてはいけないよ」

そこでお姫さまは嫌々ながらもカエルを部屋の中に入れると、一緒に食事をして自分の部屋に連れて行きました。

するとカエルは、一緒にベッドで寝たいと言い出したのです。

「まあ、カエルのくせに!」お姫さまはすっかり怒ってカエルをつまみ上げると、力一杯壁に叩きつけました。

ところがカエルは下に落ちた途端、やさしい目をした王子さまに変わったのです。

実はカエルは、悪い魔女(まじょ)に魔法をかけられていた王子さまだったのです。

それから、人間になった王子さまとお姫さまはすっかり仲良くなり、やがて結婚して幸せに暮らしました。

むかしむかし、あるところに、それは可愛いお姫さまがいました。

お姫さまは、お城の近くの泉(いずみ)のほとりで、マリ投げをするのが大好きです。

ところがある時、投げた金色のマリが泉の中に転がって、そのまま沈んでしまいました。

「ああ、どうしよう・・・」沈んでいく金色のマリを見て、お姫さまはシクシクと泣き出しました。

すると、「泣いたりして、どうしたのですか?可愛いお姫さま」と、泉の中から醜いカエルが呼びかけてきたのです。

「キャア!」お姫さまはちょっとビックリしましたが、カエルに言いました。「大切な金のマリが、泉の中に落ちてしまったの」

「そうですか。では、わたしが拾って来てあげましょう。でもその代わり、わたしをお友だちにして、一緒にごはんを食べたり、一緒にベッドで寝かせたりしてくれますか?」

「ええ、いいわよ」お姫さまは、カエルと約束しました。

でも、カエルと友だちになるのは嫌なので、お姫さまはカエルがマリを拾って来てくれたとたん、「カエルとの約束なんて、知らないわ」と、マリを持ってお城に走って帰りました。

次の日、お姫さまがみんなと食事をしていると、誰かが戸を叩いて呼びました。「お姫さま。お姫さま、戸を開けて下さい」

「あら、誰かしら?」お姫さまが戸を開けると、そこにはあのカエルがいたのです。

「キャーー!」びっくりして戸を閉めるお姫さまに、王さまが尋ねました。「姫や、何をそんなに怖がっているのだね?」

「それは・・・」お姫さまは仕方なく、外にマリを拾ってくれたカエルがいて、そのカエルとお友だちになる事を約束してしまったのだと話しました。

すると王さまは、言いました。「姫や。いくら相手がカエルであっても、約束した事は守らなくてはいけないよ」

そこでお姫さまは嫌々ながらもカエルを部屋の中に入れると、一緒に食事をして自分の部屋に連れて行きました。

するとカエルは、一緒にベッドで寝たいと言い出したのです。

「まあ、カエルのくせに!」お姫さまはすっかり怒ってカエルをつまみ上げると、力一杯壁に叩きつけました。

ところがカエルは下に落ちた途端、やさしい目をした王子さまに変わったのです。

実はカエルは、悪い魔女(まじょ)に魔法をかけられていた王子さまだったのです。

それから、人間になった王子さまとお姫さまはすっかり仲良くなり、やがて結婚して幸せに暮らしました。