靖江日语-日语童话故事:豌豆公主

昔々、ある国に王子さまがおりました。

 王子さまも年頃で、そろそろ、お妃を迎えたいと思いました。

 けれど王子さまにふさわしいお妃は、本物の完全なお姫さまでなくてはなりません。

 そこで王子さまは、世界中を旅して回り、どこから見ても完全なお姫さまを探しました。

 ところがどのお姫さまも、美人でなかったり、品がなかったりして、どうしても王子さまのお眼鏡にかないません。

 王子さまはがっかりして国へ戻ると、すっかり気持ちが沈んでしまいました。

 そんなある夜の事、ひどい嵐の中を誰かが訪ねてきました。

 城の門を開けると、雨にぐっしょり濡れた一人の娘が立っていました。

 「私は王子さまがお探しになっている、本物の姫です」

 娘がそう言うので、その夜は城に泊めてやることにしました。

 「本当のお姫さまかどうかは、すぐに分かる事ですよ」

 王子さまのお母さんはそう言うと、娘のベッドにちょっとした工夫をしました。

 まず一粒のエンドウ豆を置き、その上に敷布団を二十枚も重ねて、さらに二十枚の羽根布団をかけた上に娘を寝かせたのです。

 次の朝、お母さんは娘に、ベッドの寝心地はどうだったかと尋ねました。

 すると娘は、眠そうな目をこすりながら、

 「せっかくのおもてなしですが、寝心地が悪くて少しも眠れませんでしたわ」と、答えたのです。

 お母さんは、更に聞きました。

 「寝心地は悪いと言いましたが、どのように悪かったのですか?」

 「はい。ベッドの下に、何かが入っていたのではありませんか?背中にあざがついてしまいました」

 お母さんは、娘が、本当のお姫さまだと思いました。

 だって、たった一粒のエンドウ豆であざができてしまうなんて、ふっくらしたベッドでしか寝た事のない人に決まっています。

こうして王子さまは、やっと本物の完全なお姫さまを、お妃に迎えることができたのです。