靖江日语-日语童话故事:一片羽毛

昔々のある日。

 お日さまが西に沈んで、日が暮れました。

 トリ小屋のニワトリは、みんな止まり木にとまりました。

 そして、目を瞑りました。

 「明日の朝まで、お休みなさい。」

 でも、すぐには眠れません。

 一羽のメンドリが、くちばしで羽をつついていました。

 このメンドリは、毎日、きちんと卵を産む、とてもいいメンドリでした。

 ただ、時々お面白い事を言っては、みんなを笑わせるくせがありました。

 羽をつついているうち、白い羽が一枚、ポロリと下に落ちました。

 「あら、羽が一枚落ちたわ。」

 と、メンドリは言いました。

 「でもいいわ。私は羽が落ちると、それだけ体がスラリとして、きれいになるんですもの。」

 メンドリは、みんなを笑わせようと思って言ったのです。

 けれど、ほかのトリたちは遊び疲れて、みんなスヤスヤと眠ってしまいました。

 ところが、近くの木の枝に、目玉をクルクルさせたフクロウが留まっていました。

 夜になって暗くなればなるほど、目がよく見えてくるフクロウです。

 「私は聞きましたよ。この耳で。耳が落ちてしまわないうちは、できるだけたくさん聞いておかなければなりませんからね。」

 フクロウはハト小屋のハトに話しかけました。

 「お聞きなさい。トリ小屋のメンドリさんは、きれいになりたいと言って、自分の羽を抜いたんだそうですよ。」

 「クックー、クックー。」

 ハトは、隣のアヒルに話しました。

 「アヒルさん、アヒルさん。なんと驚いた事に、ニワトリさんが、きれいになる競争をして、羽をみんなむしりとったんですって。」

 「ガア、ガア、ガア。」

 アヒルは驚いて鳴きました。

 「大変なことをするもんだ。羽をむしってしまっては、風邪を引いて、熱をだすに決まっている。」

 アヒル小屋の軒下に、コウモリが止まっていました。

 コウモリは、この話を聞いてビックリしました。

 「ひどい話だ。こんな話を黙っているわけにはいかない。みんなに知らせなくっちゃ。」

 ヒラヒラヒラと、コウモリは月夜の空へ飛んでいきました。

 明くる朝になりました。

 「チュン、チュン、チュン。」

 朝早くから、ニワトリ小屋の前で、スズメが喧しく騒ぎました。

 ニワトリたちは、変に思って。

 「もしもし、スズメさん。どうかしたのですか?」

 「これは驚いた。チュン、チュン、チュン。」

 と、スズメは鳴きました。

 「どうしたどころではありませんよ。メンドリさんが羽を抜いて、五羽もなくなったというではありませんか。」

 「あら、まあ。それはお気の毒ね。一体どうしたというのでしょう。そんなに羽を抜いて、五羽もなくなるなんて。驚きましたわ。」と、一羽のメンドリが言いました。

 なんとそのメンドリは、一番始めに羽を落としたメンドリだったではありませんか。

 たった一枚羽を落とした事が、おしまいにはメンドリが五羽もなくなったと、途中から話がひどく変わってしまったのです。

 「どこのメンドリさんでしょうね?」

 「ここのメンドリさんではないのですか?」

 「いいえ、ここではありませんよ。」

 「おかしいなあ、どこだろう?」

 「ほんとに、どこでしょうねえ?」

 「おかしいなあ。」

風が吹いて、夕べメンドリが落とした一枚の羽を、ヒラヒラとどこかへ持っていきました。