靖江日语-日语童话故事:茶壶

こんにちは。

私はお茶のポットです。

私は陶器で出来ていますのよ。

注ぎ口は、細くて長くてすてきでしょう。

いつでしたか、どなたかがバレリーナの腕のようと、ほめてくださいましたわ。

とっての幅の広さは、どう思いまして?

何と申しましても、陶器は私のように上品で、しかもおしゃれでなくては。

何しろ私は、一流の職人さんが、それはそれは丁寧に作ってくださいましたのよ。」

お屋敷の台所で、お茶のポットはいつも自慢していました。

でも聞かされるクリーム入れや砂糖入れは、ほめるよりも、もっと別の事をよく言いました。

「ところで、ポットさんの蓋はどうされました?」

その事を言われると、ポットは黙ってしまいます。

蓋は前に一度壊されてつぎはぎにされ、つぎ目があるのです。

「そうね。

誰でも悪いところに、目が行くものよね。

でも何と言われても、私はテーブルの上の女王よ。

だって、喉が渇いている人間を、助けてあげることが出来るんですもの。

この注ぎ口が、女王の証拠よ。

クリーム入れも砂糖入れも、言ってみれば家来じゃないの」

そんな、ある日の事。

食事の時に誰かがポットを持ちあげた拍子に、床に落としてしまったのです。

ポットは床で音を立てて、コナゴナになってしまいました。

「それから私は、貧しい家の人にもらわれて行きましたの。

そこで土を入れられ、球根を埋められましたわ。

私は、嬉しく思いました。

なぜって、球根は私の体の中でグングンと元気に育ち、芽を出したのです。

そして朝を迎えるたびに大きくなり、ある朝、見事な花が咲きましたの。

花は、娘のようなもの。

まあ、お礼はもうしてくれませんでしたが、私は幸福でしたわ。

家の人たちは花を見て、その美しさをほめてくれました。

誰かを生かすために自分の命を使うって、嬉しいことです。

そのとき初めて、そう思いました。

でも、家の人たちは『こんなきれいな花は、もっとすてきな植木鉢に植えたほうがいいね』と、花を連れて行き、私を庭の隅に放り投げましたの。

でも、私をかわいそうなどと思わないでくださいね。

ええ、私は思い出がたくさんあるのですから。

これだけは誰にも壊したり、放り投げたり出来ませんのよ」