靖江日语-日语童话故事:荞麦和阵雨

昔々、蚤と、蝗と、おもちゃの蛙とが、だれが高く跳べるか

ということで、自慢し合いました。

「それは、ぼくが高く跳べるさ。」と、ノミが言いました。

「いやいや、ぼくのほうが高く跳べるのさ。」と、蝗が負けずに言いました。

「あなたがたより、ぼくのほうが高く跳べますよ。」

おもちゃの蛙も、そう言いました。

「ぼくが、高く跳べる。」

「いや、ぼくだ。」

と、みんなが言うので、きりがありません。

「それなら、誰が一番跳べるか、跳びっこをしてみようじゃないか」

と言うことに決まりました。

「できるだけ大勢の人を呼んでみてもらったほうがいい。」とノミが言いますと、

「ああ、いいとも。」と、バッタもカエルも賛成しました。

この話しを王さまもお聞きになって、「わしも見に行こう。」と、言ったのです。

そればかりか、「せっかく高く跳んでも、褒美がなくてはつまらない。いちばん高く跳んだものに、わしの娘をお嫁さんにあげるとしよう。」と言うことになったのです。

さあ、跳びっこ競争は、大変な評判になりました。

その日になると見物人がたくさん集まりました。

まっさきに出て来たのは、ノミくんでした。

気取った様子で、四方に向かってお辞儀をしています。

次に、バッタが出ました。

おしゃれな草色の服を着て、とてもきれいでした。

最後には、カエルが出てきました。

カエルは飛び出た目玉を、クルクルクルクル回します。

いよいよ、跳びっこが始まりました。

ところがノミが、あんまり高く跳んだので、だれもその行方がわからなくなってしま いました。

それで、「跳ばなかったのじゃないか?」そんなことを、言うものもありました。

バッタは、王さまの顔に跳びつきました。

王さまは、怒ってしまいました。

おもちゃのカエルはピョンと跳ねて、お姫さまの膝に上がりました。

「キャアーー!」

お姫さまは驚いて立ち上がったので、膝のカエルはコロリと転げ落ちました。

これで跳びっこは、勝負なしでおしまいになりました。