靖江日语-イソップ寓話-中年男と二人の恋人

髪がちらほら見え始めた中年男が、同時に二人の女に求愛しました。一方は若い女で、もう一方は年増女でした。 年増女は、自分より若い男に言い寄られたのが恥ずかしく、男が訪れてくるたびに、黒い毛をごっそり抜きました。一方、若い女は、年取った男の妻にはなりたくないと、白髪を見つけ次第、片っ端から抜いていきました。 こうして、二人に毛を抜かれ続けた男は、あっという間にハゲ頭になってしまいました。 【教訓】 あちら立てれば、こちら立たず。