靖江日语-イソップ寓話-水辺のシカ

泉で水を飲んでいるシカが、水面に映る自分の姿を見て、大きな角が見事に枝分かれしているのを得意になった。それに比べて、細くていかにも弱々しい脚が悲しい。そこへ突然ライオンが現れた。シカは、一目散に逃げ、すぐにライオンを引き離した。 しかし、樹木の生い茂る場所に来ると、大きな角が枝にからまって走れなくなり、とうとうライオンに捕まってしまった。シカが殺される間際に独り言のように言った。「ああ、情けない。裏切られると思っていたものに助けられ、いちばん頼りにしていたものに滅ぼされた」。 【教訓】 危難に際しては、疑われていた友が救いとなり、信用していた友が裏切り者になることがよく