靖江日语-イソップ寓話-泥棒と雄鶏

泥棒たちがある家に忍び込み、あちらこちらを物色したが、見つけたのは雄鶏(おんどり)一羽だけだった。仕方なくその雄鶏を奪って引き揚げた。そして、彼らに殺されそうになった雄鶏は、「私は毎朝、暗いうちから人間をたたき起こして、仕事に行かせる役に立つ鳥だから、どうか逃がしてください」とお願いした。 それを聞いた泥棒は、「それだから、なおのこと殺してやる。奴らを起こすのは、俺たち泥棒にとっては邪魔なのだから」と答えた。 【教訓】 ある人に役立っても、他の人には迷惑なこともある。